やってはいけない丸投げ発注
やってはいけない丸投げ発注
経営革新計画の策定のお手伝いをしている経営者から気になるメールが届きました。

ここはホームページビルダーを使って会社案内のホームページを作成しており、経営革新計画の申請が終わったら、そちらの支援もしなければと考えていた企業です。

この企業に、つきあいのあるITベンダーからホームページを改良しませんかと話があったようです。

メールの内容

やってはいけない丸投げ発注
やってはいけない丸投げ発注
...さんと言う方で、プロはプロですね。すごい構成でした。今のホームページと内容的にはあまり変更はなかったのですが、構成を聞かせてもらったら、たとえば注文書がA4の用紙の大きさで表示され、こちらまでと矢印で案内する形で、一目で分るようになっていました。

どう説明したらよいかさっぱりわかりませんが、ホームページ代金が20数万円とおっしゃっていましたのでお任せをしようかと思います。また連絡をします。
あわてて、すぐに依頼をやめるように経営者に電話をしました。

ITベンダーにホームページ作成を依頼することに問題ありませんが、絶対にやってはいけないのが丸投げ発注です。技術的なことを言われてもよく分からないということでホームページ作成をITベンダーにお任せで頼む企業はたくさんあります。

結局何の役にも立たず、無駄な投資に終わっていることが多いのが現状です。技術的なことはプロであるITベンダーにまかせ、発注側で行う必要のあることをやりましょう。

コンセプトを明確に

やってはいけない丸投げ発注
やってはいけない丸投げ発注

まず、どういうホームページにしたいのかコンセプトを明確にします。
例えば会社や商品を紹介するためのホームページなのか、新しい受注をねらうためのホームページなのかコンセプトを明確にし、出来たら目標も決めます。


(例)「どういうホームページにしたい」
・我が社はこれから新規の受注が狙いたい。顧客ターゲットとしては○○、△△なので、そういう業者が探しやすいホームページに
・これから□□という商品に力を入れていきたいので、商品紹介を前面に押し出したホームページに


(例)「目標」・新規受注額を月10万円狙いたい。
・毎月1万PV(ページビュー)

次に考えるのはページ構成です。