e-Tax(電子申告)なら24時間受付

e-Tax(電子申告)なら24時間受付

電子申告(e-Tax)のメリット

確定申告のやり方には
  1. 税務署へ行く
  2. 郵送する
  3. ネットで行う
という3つの方法があります。

このうち3の「ネットで行う」のが電子申告です。

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー(e-Tax)」で作成した申告用データを記入して申請すればOKです。

確定申告の期間中であれば24時間受け付けしており、押印・添付書類も不要です(ただし、書類は5年間保存しておかなくてはなりません)。混み合う税務署に出向く必要がないのは大きなメリットです。

さらに、2020年1月からは青色申告特別控除が現行の65万円から55万円に減額となりますが、電子申告の場合は2020年以降も現行と同じ65万円の控除となることも大きいでしょう。

マイナンバーカードを準備する

マイナンバーカードを準備する

マイナンバーカードを申請する3つの方法

ただし、電子申告には事前準備がいります。

電子申告を行うには電子証明書が必要となり、現在この電子証明書の役割を果たすのは「マイナンバーカード」なので、これがない方はまず「マイナンバーカード」を作らなくてはなりません。

以前の「住民基本台帳カード」には「写真あり・写真なし」がありましたが、マイナンバーカードは身分証明書になりますので「写真あり」になります。

マイナンバーカードを作成するには、地方公共団体情報システム機構へ交付申請をします。交付申請は
  1. 郵送
  2. パソコン・スマホ
  3. 証明用写真機
から行う方法があります。

1. 郵送
マイナンバー通知カードと一緒に送られてきた「個人番号カード交付申請書」に署名または記名・押印し、顔写真を貼り付けて、地方公共団体情報システム機構に送ります。「個人番号カード交付申請書」をなくした場合も、ホームページからダウンロードできます。

2. パソコン・スマホ
パソコンの場合、オンライン申請用サイトにアクセスし、顔写真データと一緒に申請します。スマホの場合、「個人番号カード交付申請書」にあるQRコードから申請用サイトにアクセスし、顔写真と一緒に申請します。

3. 証明用写真機
対応する証明用写真機から顔写真データを送ります。この場合も「個人番号カード交付申請書」にあるQRコードをスキャンする必要があります。

申請したら交付通知書が届くのを待ちますが、届くまでに数ケ月かかる場合もあります。マイナンバーカードの発行が確定申告に間に合いそうになければ、電子申告ではない方法を考えましょう。

電子証明書が格納されたマイナンバーカードが用意できたらICカードリーダを用意

電子証明書が格納されたマイナンバーカードが用意できたらICカードリーダを用意

マイナンバーカード・電子証明書を発行する

マイナンバーカードの交付通知書が届いたら、
  • 交付通知書
  • マイナンバー通知カード
  • 運転免許証などの本人確認書類
を持って交付通知書に記載されている期日までに市町村の交付窓口に出向きます。

交付窓口では2つのパスワードを設定します。

■住民票などの発行用
4桁の数字のパスワードです。全国のコンビニATMから住民票などの発行ができるようになります。

署名用電子証明書
英数字6文字以上 16 文字以下のパスワードです。電子申告ではこのパスワードが必要となります。

パスワード設定時は、担当者の指示に従って、自分でパスワードを入力します。

パスワードを入力すると「鍵ペア」の生成が行われます。電子証明書(公的個人認証サービス)では公開鍵暗号方式が使われています。入力したパスワードに従ってペアとなる「秘密鍵」と「公開鍵」が作られます。作成された電子証明書がマイナンバーカードのICに格納されます。
→ PGP 重要メールを暗号化してますか?

「マイナンバーカード」の有効期限は発行から10回目の誕生日までですが、「電子証明書」の有効期限は発行から5回目の誕生日までです。よって、途中で「電子証明書の更新」が必要となります。

電子証明書が格納されたマイナンバーカードが用意できたら、ICカードリーダを用意しましょう。ICカードリーダの価格はいろいろですが2500円ぐらいから発売されています。

次に開始届けを出し、e-Taxの準備を行います。
→ 確定申告を電子申告で e-Taxソフトを用意


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。