デメリットもある

節税対策の観点からは有効な短期前払費用なのですが、デメリットもあります。

来年分を先に支払うわけですから、例えば家賃の例では、あとで別の場所に移りたいと思っても移動しづらいということがあります。効果があるのは年払いをはじめた最初の期だけですので以後は効果がありません。

以上を踏まえたうえで短期前払費用をご活用ください。

【関連記事はこちら】
節税、良い子・悪い子・普通の子
回収不能の債権は積極的に償却を
未払費用をくまなく計上しよう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。