Mac を使っていると、「同じ操作の組み合わせを毎回手作業で行うのは面倒くさい」とか、「決まったフォルダのなかファイルの情報など毎回 Finderで開いて確認するのは面倒だ」とか、操作を自動化したい機能が出てきますよね。

そんなちょっとした機能を、「ソフトのバージョンアップで機能追加してほしい・・・」とソフトメーカーに要望を出してもなかなか対応してもらえないものです。

ならば、AppleScript を使って、自分の力で実現してみませんか?

ということで今回は、AppleScript をはじめるにあたっての基礎知識をご紹介したいと思います。
※本文内容は Mac OS X 10.2.6 で動作確認しています。

AppleScript ってなに?

AppleScript とは、1993年に登場した System 7.1.1(Mac OS の旧名称)から搭載され続けている、Mac OS の操作などを自動化するシステムです。

他のOSでいうところの、スクリプトやマクロと異なるのは、システム全体で統合されている割合が高いという点で、アプリケーション固有の機能と、Mac OS が保有する機能を組み合わせて実行できるため、メッセージ表示やファイル選択などの機能をアプリケーション固有で実装する必要がなく、それぞれの動作を連係させることができます。

なにより、OSレベルで書き方が統一されているため、ひとつのアプリケーションで処理方法を学べば、他のアプリケーションでも応用が利くという利点もあります。

どうやれば使えるの?

まずは、サンプルを動かしてみましょう。Mac OS X であれば、Macintosh HD > ライブラリ > Scripts にいろんなAppleScriptのサンプルが入っています。このファイルをダブルクリックして、"スクリプトエディタ"(Mac OS 9.x では スクリプト編集プログラム) を起動し、実行や編集ができます。

書き方が分からない

最初は、サンプルの中から簡単な書式のものを参考に動作を確認してみましょう。どこでどういうことが起こって、どうなるのか?というのを見ていけばだいたいの雰囲気がつかめると思います。ファイルサイズが小さいものを選べば、簡単なスクリプトであるという確率が高いですね。
画像
※最初は、ファイルサイズが4KB くらいのものからはじめましょう