Windowsで慣れた操作はMacではそのまま使えない?

キーボードのキーを複数組み合わせることによってすばやく機能を呼び出すことをMacでは「キーボードショートカット」Windowsでは「ショートカットキー」と呼びます。

このキーボードショートカットにおいて、WindowsとMacでは主に使用されるキーが異なり、Windowsの「Ctrl」キーに対して、Macでは「command」キーを使用します。さらにMacではキーそのものがない場合もあり、使い方そのもののを見直す必要もあります。


それぞれのキーボード配列の違い

Macに付属・搭載されるキーボードは、Windowsパソコンのキーボードとは異なり、ノート型Macの場合「Del」「Ins」キー、「漢字」「無変換」「変換」キー、さらにショートカットメニューを表示する「Menu」キーもありません。

また「home」「end」「page up」「page down」は「fn」キーを押しながら操作しますが、Macでは「fn」キーを押しながら「delete」キーを押すと、Windowsでの「Del」キーに相当する動きもします。
「home」「end」「page up」「page down」は「fn」キーを押しながら操作します。さらにMacでは「fn」キーを押しながら「delete」キーを押すと、Windowsでの「Del」キーに相当する動きをします。「Windows」キーに該当するものは「command」キー、「alt」キーは「option」キーです(クリックで拡大)

「fn」キーを押しながら「delete」キーを押すと、Windowsでの「Del」キーに相当する動きをします。「Windows」キーに該当するものは「command」キー、「alt」キーは「option」キーです(クリックで拡大)

「fn」+「delete」でDelキーの機能がいちおう働きますが、文字を削除するのに「Del」キーを頻繁に利用していた人はすばやく使えないため使いにくくなります。いっそのことMacでは「delete」キーだけを使う方法に切り替えたほうがよいでしょう。
テキストを選択状態にしてから削除するか、削除したい文字の“うしろ”にカーソルを置いて「delete」キーを押すのがMac流 。これは削除する意味合いの「Del」キーと「BS」キーを1つにまとめるという効果があり、慣れれば使いやすくなります(クリックで拡大)

テキストを選択状態にしてから削除するか、削除したい文字の“うしろ”にカーソルを置いて「delete」キーを押すのがMac流 。これは削除する意味合いの「Del」キーと「BS」キーを1つにまとめるという効果があり、慣れれば使いやすくなります(クリックで拡大)


基本操作のキーボードショートカット

新規ウインドウ、ファイル開く、ファイル保存、プリント(印刷)、切り取り(カット)、コピー、貼付け(ペースト)などのキーボードショートカットなら、WindowsでCtrl キー使うところをcommandキーに置き換えるだけでオッケーです。
よく使う操作はMacもWindowsもそれほど変わりません(クリックで拡大)

よく使う操作はMacもWindowsもそれほど変わりません(クリックで拡大)


Windowsの常識と少し違ってくるのが、ヘルプ表示、次を検索/前を検索/置換などの検索系、文字サイズの拡大/縮小/段落属性コピー/段落属性ペースト/形式を選択して貼付けなどの編集系の操作です。
Windowsではファンクションキーをよく使うのですが、Macでは音量調整などで使われるためファンクションキーはほとんど使いません(クリックで拡大)

Windowsではファンクションキーをよく使うのですが、Macでは音量調整などで使われるためファンクションキーはほとんど使いません(クリックで拡大)