「OS X El Capitan」(以下、El Capitan)の魅力をパブリックベータの画面とともに紹介する後編。前編では「El Capitan」に新搭載されるMetalテクノロジーや「ミッションコントロール」「メモ」「サファリ」「メール」などの注目ポイントに触れた。今回は引き続き、「新搭載される4つのフォント」「賢くなった日本語入力」「画面を効率的に使える表示モード」「超絶便利になりそうなSpotlight検索機能」について紹介しよう。

筑紫A丸ゴシックやクレーなど4つの新フォントを搭載

Mac OSは文字が美しいというのも魅力だが、さらに新しいフォントが搭載されることになった。ふところを絞ったデザインの丸ゴシック体である「筑紫A丸ゴシック」とオールドスタイルを意識したデザインの「筑紫B丸ゴシック」、硬筆の筆記具で書いたようなアクセントの「クレー」、昔使われていた見出サイズの金属活字をベースにした「游明朝体+36ポかな」の4つだ。「Keynote」でプレゼンのスライドを作る際に、活用しよう。

4種類のフォントが追加された。

4種類のフォントが追加された。

特徴のあるフォントが増え、豊かな表現ができるようになった。

特徴のあるフォントが増え、豊かな表現ができるようになった。


スムーズな自動変換が可能な新入力方式を採用

日本語の入力機能として、「ライブ変換」を搭載した。文章を入力していくと自動的に適切な変換が行われて、ユーザーがスペースキーやEnterキーで確定していく必要がないのだ。

一般的な文章であれば、確かにきちんと変換してくれるので効率アップが期待できる。ただ、完璧というわけではなく、変換ミスはもちろん発生する。その際は従来と同じように再変換を行うので、入力速度が劇的にスピードアップするというわけでもない。しかし「ライブ変換」に慣れれば、キーのタイプ数が減ることは間違いない。

キーボードの設定から「ライブ変換」をオンにする。

キーボードの設定から「ライブ変換」をオンにする。

ライブ変換で一気に文章を入力しているところ。ちなみに、フォントはヒラギノ角ゴシックのウェイト0。

ライブ変換で一気に文章を入力しているところ。ちなみに、フォントはヒラギノ角ゴシックのウェイト0。


フルスクリーンもしくは画面分割で作業する

一つの作業に集中したいときは、アプリをフルスクリーンで表示すればいい。しかし、ブラウザとエディタ、メールと写真など、2つくらいは表示したいことも多い。これまでは、ウィンドウのサイズを調整して並べていたが、「El Capitan」では「Split View」機能が利用できる。

ウィンドウの左上にある緑色の最適化ボタンを押すとフルスクリーン表示になる。最適化ボタンを長押しすると「Split View」モードになるので、画面の左右どちらかに配置する。残ったエリアに表示するアプリを選択すると自動で分割表示になる。中央の境界線をドラッグすると、表示サイズを調整することも可能だ。ちなみに、Windowsのように上下に分割することはできない。

「最適化」ボタンを長押しして、画面を分割してアプリを表示できる。

「最適化」ボタンを長押しして、画面を分割してアプリを表示できる。


さらに賢くなった「スポットライト」

検索機能の「Spotlight」もさらに強化される。「Spotlight」はメニューバー右側の虫眼鏡アイコンをクリックするか、Control+スペースキーで起動できる。そこに調べたいことを入力すると、いろいろな項目を縦断検索して、結果を教えてくれるのだ。

「El Capitan」では、最新の株価や今いる場所の天気・天気予報、スポーツなら試合結果から選手の情報までシームレスに表示してくれるようになる。検索する際も、自然な言葉でOK。例えば、「4月に高尾さんから来たEメール」とか「昨日作った予算に関するプレゼン」といった言葉で検索できるのだ。ただし、日本語版では今のところ実装されておらず、利用できない。今後のアップデートで利用できるようになるだろう。

Appleのウェブサイトで紹介されているSpotlight機能。

Appleのウェブサイトで紹介されているSpotlight機能。


以上が「OS X El Capitan」の新機能となる。このOSが秋には無料で公開されるのだから、待ち遠しいところだ。

「OS X El Capitanベータで見る新機能の魅力(前編)」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。