アプリケーションごとのキーボードショートカット比較

Windowsのアプリケーションに慣れていると、Mac専用のアプリケーションでは操作方法もわからないし、キーボードショートカットが異なるのでイラっとすることがあります。以下でよくつかうキーボードショートカットの比較してみました。


Finderとエクスプローラのショートカットの違い

ファイル名を変更する操作に馴染んでしまえば、あとは自然と身に付きます(クリックで拡大)

ファイル名を変更する操作に馴染んでしまえば、あとは自然と身に付きます(クリックで拡大)


Safari4とInternet Explorer 8のショートカットの違い

拡大/縮小の操作は他のアプリケーションでは文字サイズの変更になります。Macでは異なるアプリケーションでも共通の操作が多いのが特徴(クリックで拡大)

拡大/縮小の操作は他のアプリケーションでは文字サイズの変更になります。Macでは異なるアプリケーションでも共通の操作が多いのが特徴(クリックで拡大)


Excel 2007(Windows)とExcel 2008(Mac)のショートカットの違い

Macではファンクションキーが使えないため、Windowsでファンクションキーを利用する操作がcontrol との組み合わせになっています(クリックで拡大)

Macではファンクションキーが使えないため、Windowsでファンクションキーを利用する操作がcontrol との組み合わせになっています(クリックで拡大)



まとめ:Macヘルプで「ショートカット」を検索しよう

WindowsでもMacでもキーボードショートカットを調べるには、ヘルプを見るのが一番です。Finderのヘルプ > Macヘルプを開いて「ショートカット」で検索し、たくさんキーボードショートカットを覚えて、作業の効率化しましょう!

【関連記事】



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。