「緊張していますか?」と面接で聞かれたら……

「緊張していますか?」と面接で聞かれたら

いかに素の自分を出せるかは、「慣れ」しなかないです。本命企業の面接までに、何度もトライして場の空気に慣れておこう。

面接で頻出する質問、

「緊張してますか?」

対策を述べてみたい。

---------------------------

そもそも、面接官は、面接で君の「何」を測ろうとしてるのだろうか?
記事「エントリーシートの基本中のキホン!」で述べたとおり、面接は、エントリーシートと同じく「君が求める力を持っているのか?」を測る選考手段の一つである。

では、面接でどうやって測るのか? 簡単である。面接官が君がその力を持っているかを聴くのである。とにかく深く深く「本当に持っているのか?」聴きまくるのである。

この時、面接官は以下の二つの状態を避けたいと思っている。
    • 緊張しまくって、素朴な本来の君の姿を測れなくなること
       
    • 作ってきた自己PRや志望動機を棒読みされること

特に緊張は困る。君の中に「存在するかもしれない」力が見えなくなってしまうからだ。面接官はとにかく「素」の君を知りたい。「素」の君と「会話したい」と思っているのだ。

そこで生まれる言葉が「緊張してますか?」なのだ。
 

話すのは、君が“求める力”を持っていること

友人に何かお願い事をする時にも、いきなり本題から始めないよね。あの感覚と同じだ。とにかく「面接は会話」であることを念頭に置こう。

友人に何かお願い事をする時にも、いきなり本題から始めないよね。あの感覚と同じだ。とにかく「面接は会話」であることを念頭に置こう。

面接スタート。開口一番、面接官は「緊張してますか?」と聴きました。

さて、どう答えればいいのだろうか? もうわかってくれたと思うが、この質問を翻訳すると、

「緊張せずに君の言いたいことを言って君に“求める力”があるか教えてくれよ!」

である。よって答えは、

「もちろん御社が第一志望ですから緊張しています」

とまず熱意を伝え、引き続き、

「まず、最も御社に伝えたい私の力をお伝えしても宜しいですか?」

と聞いてもいいし、

「この緊張をほぐすために、昨日御社の店舗を覗いてきました。そこで学んだことですが……」

などいきなり自己PRを始めてもよい。


同様に、
  • 「昨日観たニュースで印象に残ったのは?」
  • 「朝ごはん何食べました?」
  • 「最近読んだ本は?」
  • 「好きな映画は?」
も考え方は同じである。その質問をキッカケに、「君が伝えたい力」を伝えればいい。

つまり、どんな質問が来ても、すべて「会話」の一環と思えばいい。例えば、実家に帰って親に相談することがあった時、いきなり相談事から話さないだろう。軽く世間話をするよね。あれと大差はないのだ。

-------------------------------


面接は、「君が“求める力”を持っているのか?」を測るための手段である。

よって、こう言えば合格とか、こう言えばアウトとか、そんなものはない。質疑応答ではないし、スピーチでもないのだ。ただの「会話」なのだ。逆に、「自己PRは?」と聞かれなければ話さないことの方が、間違っているのである。「君は何しに来たんだ?」ということになる。


「なるほど、君ならウチに入社してからも、活躍してくれそうだな」と、

具体的に納得させるためにも、
    • 御社が求める力を持っていること。
       
    • 入社してからでもその力を発揮できること(再現できること)。
を伝えることに専心しよう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。