内定取っても、ここからが大変なのだ!

複数の内定
内定がやっと取れた!しかし決定するにはそれなりの手順が必要だ。適当に決めてはいけない。
最近「内定が取れました!」という報告がたくさん舞い込む。4月1日は一応、採用活動解禁日。この日以降は正式に内定を出せる。大企業のほとんどは4・5月で内定を出すのだろう。それにしても今年は昨年より「内定もらいました!」のペースが速いと感じる。採用バブルの再来を実感する。

それ以上に強く感じるのは、「いい学生をとりたい!」という企業の採用担当者の熱意だ。数名の学生から聞いた話からの推察なので断言はできないが、「決めきれない学生」に対するアプローチがとても懇切丁寧で、「君が決めてくれるなら、いつまでも待つよ!」的な懐の深さを感じたからだ。バブル時のような「接待」や「軟禁」などの話は聞かない。4月以前での学生への接触頻度は増加したが、内定時の人事と学生の駆け引きの部分は、昔より健全に、そして濃密になったような気がする。もちろん「売り手市場」だからとも言えるが。

しかし、昨年同様、落とす学生には目もくれない、すなわち「量より質」、採用する学生の質を落とすつもりはないという気構えだけは微動だにしない。結果、内定複数取得の学生と、内定ゼロの学生の二極化は今年も続くであろう。

-------------------

さて、今回のお題は、「複数の内定を得たとき、内定辞退する企業をどう決めるか?」である。

これまでずっと「内定を取るにはどうしたらいいのか?」を書いてきた。しかし今回は、今こそ旬であり、ある意味贅沢な悩みに対して一緒に考えてみたい。

結論から述べる。

「とことん両方を吟味することで筋を通す」ことが正しい。

しかし、

「その機会を与えたくれた人に感謝する」こと忘れてはならないのだ。



※次のページで、【対策1】ポイント化して比べてみる!方法を学ぶ!