企業に入社することだけが「就活の目的」ではない

当然のことではあるが就活生にとって、就活をしていて最も嬉しいタイミングが志望企業から内定をもらった時であり、私の元にも毎年内定報告をくれる学生が数多くいる。

そして文書や口頭のみだった「内定」が、本当にその企業への入社切符であることを実感するのが10月初旬に行われる「内定式」だ。実際には内定式を行う企業とそうでない企業があるのだが、一般的には同じ年に入社予定の同期が集まり、人事部長や社長から正式な内定付与やお祝いの言葉を受ける。会社によっては懇親会のような場も設けてくださり、学生にとっては「本当に就活を終えたのだ」という実感を持つ。

毎年10月に行われる内定式で多くの就活生は「内定者」としての自覚を持つ

毎年10月に行われる内定式で多くの就活生は「内定者」としての自覚を持つ

しかし、ある意味今までその企業から「内定を得ること」を必死に頑張ってきた学生にとっては少し不安な気持ちにもなる。内定という目標をもう果たした、あとは来年の4月にその会社に入社して実際の業務が始まる。本当に今の自分で大丈夫なのだろうか?・・残りの学生生活はどのように過ごせばよいのだろうか? そんな気持ちになる大学生も少なくない。


私は就職活動中の学生を支援しているだけではなく、毎年企業の「内定者研修」や入社後の「新入社員研修」という名の研修を企業から依頼され講師として研修を実施している。しかし、なぜ毎年多くの企業がプロに依頼をして、多額の費用をかけて研修をするのかと言えば、それは一言で言うと「学生気分の払拭」が目的だ

多くの就活を終えた学生は、内定を得たことに安心してしまい、結局もとの「学生ペースの生活」に戻ってしまうことが多い。もちろん残りの学生生活を満喫するのは大切なことだが、それでまた社会とのギャップが出来てしまっては入社後の自分のためにならない。

就職活動とは「企業に入るための活動」ではなく、「企業に入ってイキイキと働くための準備」なのだ。その中で「どこの企業で働くか」を決めるプロセス終わっただけで、本当の準備はこれからなのだ。