ホテルによって、求める人材は違う

求める人材=「サービスが好きな人」ということは理解しました。ところで、ホテルによって求める人材は当然違いますよね?

「そうです。当然“パークハイアット東京に向く”人材を採用します。パークハイアット東京では、他のホテルに比べて比較的フレンドリーで元気な学生を採りますね。通常は生真面目な学生が好まれるかもしれませんが、我がホテルは客室が178室で比較的小さく、よりパーソナルなサービスを必要とするホテルですから。つまりホテルの“ブランド”や“客層”によって、求める人材は全く違うと考えていいと思います」

ふむふむ。さて、“パークハイアット東京に向く”人材を肌で感じる方法は?…それは簡単!パークハイアット東京に行けばわかります。ホテルの内装、インテリア自体が“ブランド”です。ホテルに行けば自ずと“客層”もわかります。そして、スタッフ一人一人が“あなたの将来の姿”です。そのホテルで働くスタッフこそが、あなたの目標。実際の面接日まで、毎日でも通って、そのホテルのブランドを身体に染み込ませればいい。そうすれば面接で緊張することはないはず!

是非、実践してみてくださいね。

※次は「人気急上昇!ブライダルコーディネーターについて」