確定申告で5,000円を税額控除する方法


自宅のPCから確定申告
自宅のPCから確定申告ができます
みなさんは「e-TAX」という言葉を聞いたことがありますか?
国税電子申告・納税システムのことで、利用すると自宅のPCから確定申告の手続きができます。そして、この「e-TAX」を利用して確定申告をすると平成19年度分または平成20年度分のいずれか一回、その年分の所得税額から最高5,000円を限度として控除を受けることが可能です。

他にも確定申告の方法は、税務署に出向いて帳票をもらうか、PCで帳票を印刷してその帳票を税務署に持参もしくは郵送して提出する、税務署でオンライン申告するなどがありますが、この最高5,000円が控除される「電子証明書等特別控除」は適用されません。

「e-TAX」を利用するためには、電子署名用の電子証明書(電子証明書がICカードで発行される場合は、ICカードリーダライタ)や電子申告・納税等開始届出書の税務署への提出、利用者識別番号の取得などの準備が必要です。

  • 電子証明書…住民票のある各市町村のICカード(500円程度)に電子証明書を発行してもらう(500円程度で有効期間3年)
  • ICカードリーダライタ…家電店などで購入(3,000円前後~)
  • 電子申告・納税等開始届出書…書面またはオンライン
  • 利用者識別番号…届出書の届出方法と同じ方法で通知される

    一度導入してしまえば「e-TAX」が一番簡単そうです。ただ、5,000円の特別控除があるとはいえ、準備コストや手間を考えると、今後継続的に確定申告を行う可能性があるかを検討しながら、ひとりひとりの働き方に合わせた選択をする必要があります。

    確定申告の書類作成そのものは、難しそうな印象がありますが、実際に取り組んでみると、書類上の記入箇所も30箇所項目があるうち、一般的には5箇所程度です。オンラインの場合も一般的には5箇所程度です。ただし、住所氏名等は除きます。添付の記入方法説明書や、HP上に丁寧に解説してありますので意外と簡単です。気負わず、チャレンジしてみてくださいね!

    ■確定申告関連情報
    派遣社員の確定申告マニュアルその1(準備編)(All About)
    派遣社員の確定申告マニュアルその2(手続編)(All About)
    国税庁 e-TAXでらくらく確定申告
    国税庁 確定申告書作成コーナー
    国税庁 タックスアンサー

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。