M+
キーがあるなら

のつくキーがある電卓には、メモリー機能がついています。
=を使う、普通の計算方法と、ちょっと違うのですが、これを使っても一気に計算できます。

では、この機能を 使って、計算しながら記入していきましょう。
(ディスプレイ画像、キー名称はSHARPCS-2128Rのものです)

商品名 単価 キーの操作 計算結果
エンピツ 100 3
1 0 0 X 3 M+
300
ケシゴム 50 5
5 0 X 5 M+
250
ボールペン 200 4
2 0 0 X 4 M+
800
修正ペン 150 9
1 5 0 X 9 M+
1,1,350
小計
RM
2,700
消費税(5%)
X 0 0 5 M+
135135
請求額
RM
2,835

メモリー機能を使っているので、
ディスプレイにが表示されています。

イコールではなく、M+ を押して計算結果を覚えさせるのがポイント。
RM はリコールメモリーの意味。これまでの計算結果を呼び出します。
また、返品等で、計算結果をマイナスしたい時は
M- を使います。

同じく消費税計算の部分の0.05は、現在の消費税率5%のことですが、
税込 キーがあるなら
小計に続いて 税込 を押すと、税込額である請求額
2,835が表示されますので、先に請求額らんを埋めてから、
もう1度 税込 を押し、消費税額を表示させるとより早いです。

「あれ… M+ はあるけど、 RM キーが無い。使えないの?」
大丈夫です。

メモリー計算をするためのキーは、
メーカーや機種によって名称が違うんです。


計算結果を呼び出すキー は、 もありますし、
小さめの電卓なら、メモリーをクリアするキーと一緒の、
RC R-CM RM/CM 等もあります。

M+
キーがあるなら、結果を呼び出す、クリアするキーは必ずあります。
これかな?というキーで試してみて下さいね。



GT キーがあるなら