担当以外のケアマネのモニタリング

介護保険制度は国が定めた制度です。しかし、その法解釈、運用は、地域の実情に合わせられるよう、住民に近い立場にある保険者に委ねられています。しかし2008年8月の「あなたの一票/【介護保険の運用は全国一律でないって……】」の投票経過(2008年8月31日投票締切)を見てみると、このことを知らない人も、けっこういるようですね。

訪問
月1回のモニタリングは担当ケアマネジャーが行くもの? 代理でもいい?
このアンケートを思いついたのは、先日、ある居宅介護支援事業所のケアマネジャーが、担当している利用者のモニタリングを2回に1回程度、「忙しいから」という理由で同じ事業所の他のケアマネジャーに委ねている、というケースを耳にしたことがきっかけでした。はたして、ケアマネジャーの月1回モニタリングは、担当ケアマネジャーが行くべきか、代理でもOKか。ガイド周辺では、しばらくこの話題で盛り上がりました。

「これっておかしくない?」「でも、利用者はケアマネ個人と契約しているわけではなく、事業所と契約しているのだからいいんじゃない?」「忙しいのだからそういうこともありえるかも」「ケアマネ本来の役割からすると、やっぱりヘン」等々、さまざまな意見が出てきました。驚いたのは、「うちの事業所では、担当が行けなかったら減算して請求しています」という声があったこと。

減算! 
これには驚いて、思わずいくつかの自治体に思わず問い合わせたのです。
すると……。

つづきは