介護・福祉業界で働く・転職する/栄養士・管理栄養士の仕事

トップラガーマンを支える スポーツ栄養士(4ページ目)

今注目のスポーツ栄養業界。どんな活動をするのでしょうか? ラグビートップリーグ、NECグリーンロケッツの栄養サポートを行っている管理栄養士、菊池嘉代子さんにうかがいました。

執筆者:大石 淳子

栄養と運動から元気で楽しい生活を提案

運動
運動指導と食事の話をあわせた仕事の依頼もある。
ガイド:
積極的ですね。どんなときにやりがいを感じますか?またこの仕事の魅力は何ですか?

菊池さん:
自分が提案した食事や運動のアドバイスがクライアントの状況にあって、体調の改善があったり、体が動かしやすくなったときはやりがいを感じますね。チームやスタッフの一員としてみんなで協力しながら1つの目標に向かっていくことは魅力的です。前向きな人が多いので自分も元気でいられるんですよ。

ガイド:
これからどんな活動をしていきたいですか?

菊池さん:
選手やご家族、指導者の方々へ運動をきっかけに食べることの大切さを伝えたり、一般の方々と体に優しい食事を一緒に考えながら、元気で楽しい生活を送れる提案をしたいです。

また「運動は自分には無理」と考えている人にこそ、その人に合った体の動かし方を提案したいです。今まで運動をしたことがない人や細くて筋力が乏しい方、体が不自由な方やいろいろな障害を持っている方にも、体を動かす楽しさや人と関わる楽しさを伝える活動がしたいです。そのためのどんな人でも集まって活動できる場所がほしいですね。その人たちが集まれる集会所、施設、合宿所、ペンションでもいいです。さらにそこで手作り野菜や食事を提供できたらいいなと、実現したい夢はたくさんありますよ。

ガイド:
最後に読者にメッセージをお願いします!

菊池さん:
食に関わる栄養士は、どんなところでも出来ることがあると思います。直接関係がないように思えることでも、自分にできることから続けてみたり、興味があることには積極的に足を運ぶことをおすすめします。ご自分の力を遠慮なさらずに大活用して活躍してください!



■編集後記
クラブハウスでの仕事中、始終笑顔の菊池さん。栄養士が伝えたいことと選手が求めていることは違うから、知識を押し付けるのではなく選手を尊重しあたたかく接したいという姿勢がよく伝わってきました。栄養サポートの第一歩は現場になじんで信頼関係を作ることだと思います。

■関連記事
学生にも人気!スポーツ栄養士になるには?

スポーツ栄養ってどんなことをしているの?

スポーツ栄養の仕事がしたい!

■関連リンク
スポーツ業界で働く
食育・スポーツ栄養学に関する情報

■メールマガジン登録
記事の最新情報を月2回お届けしています。ご登録はこちらからどうぞ。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で転職関連の書籍を見るAmazon で転職関連の書籍を見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます