どんな仕事なの?

●特別養護老人ホーム、老人保健施設などの施設介護
着替えや話し相手など、施設で暮らす高齢者の日常の身の回りの世話から、入浴介助、おむつ交換などの身体介護的な業務まで全般にわたって行う。勤務は早番、日勤、夜勤の3交替制が多い。

グループホーム
家庭的な雰囲気の中で、認知症(痴呆)高齢者と一緒に料理をしたり日常生活を営むほか、入浴介助、食事介助など、身の回りのケアを行う。夜間の対応は、介護保険制度上は夜勤(=仮眠時間以外はケアにあたる)ではなく、宿直(=原則睡眠をとり、非常時のみ対応)となっているが、実態は夜勤に近い。

デイサービスセンター
来所した高齢者の話し相手、食事介助、トイレ介助、レクリエーションの運営、送迎業務(ワゴン車の運転)などを行う。利用者は比較的軽介護の高齢者が多く、日勤だけで夜勤がないため、他業界からの転職者、未経験者も働きやすい。

療養型などの病院
看護助手、ケアワーカーとして、おむつ交換や食事介助、洗髪、入浴介助など、病院における介護的な業務を担う。

●身体障害者更生施設などの障害者施設
指導員として、障害者の生活指導や職業訓練のサポートを行う。ただしこうした職場では、資格は特に求められていないケースが多い。

施設の場合、仕事内容はホームヘルパー2級と変わらないが、常勤や正社員での採用を望むなら介護福祉士資格は必須となる。施設によっては、給与に資格手当がつく場合もある。

⇒⇒⇒介護福祉士のことを詳しく知りたくなったらこの記事をチェック!
最短2年で取れる「介護福祉士」

関連ガイド記事

介護福祉士資格の取得条件が厳しくなる!?
介護新資格導入でどう変わる?


関連サイト

介護福祉士について知りたい

その他の「介護実務系の資格」

ホームヘルパー2級
ホームヘルパー1級

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。