採用・研修型が多い日本系人事コンサルティング

日本のコンサルティング会社で人事系を標榜するところは多数あります。これらはどうなのでしょう?

こちらも本記事で扱っている「人事系ファーム」とは業務内容がかなり違います。

多くの日系人事コンサルは、チームワークやモチベーションアップのための研修がメインであることが多いです。または新人研修や、課長研修といった一定の役職段階で必要なスキルを身につけてもらう、スキル研修といった趣が強いようです。
これらのカテゴリに入らないところは、いわゆる社会保険事務所ということになってしまうのではないでしょうか。

また、人材採用に関するコンサルティングを標榜しているところもありますが、これは「どうしたら効率的に良い人材が採用できるか」に関するコンサルティングとその業務代行が主流です。
つまりは、会社が採用したい人材像を聞いて、そのひとを採用するためのPR活動や、イベントの実施や企画などをやるもので、業務内容自体はコンサルというよりは、どちらかというと広告エージェンシーに近いと思います。

▼関連記事
コンサルティング業界早わかり(1)業界分類編
コンサルティング業界早わかり(2)戦略系
コンサルティング業界早わかり(3)総合コンサル系
コンサルティング業界早わかり(4)IT系

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。