プロ野球阪神タイガース今岡選手の奥様であり、大阪でネイルサロンを経営するビジネスウーマン、そして人気モデルとしてもご活躍。さらにプライベートでは、8歳の男の子のママでもある今岡梨恵さんにお話をうかがいました。

今岡梨恵さん
1978年生まれ、兵庫県出身。1998年阪神タイガース今岡誠選手と結婚。21歳で男児を出産。子育てをしながら、ネイルケア・アートの勉強をスタート。その後は、ネイリストとして数々の賞を手に入れ、2004年から大阪でネイルサロン「'R DECO’」 をオープン。現在では光文社『Mart』の専属モデル、テレビなどでも活躍中。撮影/福村順平

将来のことを考えて手に職を

―(ガイド)ネイリストとしてのキャリアも長く、すでに大阪に2つもネイルサロンもお持ちだとか。ネイルのお仕事を始めた、そもそものきっかけを教えてください。

今岡梨恵さん:スポーツ選手は、怪我などによって選手生命が大きく左右されてしまう職業ですから、将来のことを考えて、何があっても大丈夫なように私が手に職をつけようと思って始めました。

ちょうど結婚後すぐの頃は、主人はまだ若手で、練習時間も長く不在がち。私が1人で過ごす時間が想像していたよりもたくさんあったので、家でじっとしているのはもったいないと感じていました。結婚1年目で妊娠中だったので、その間に何かしようかと色々と考えた結果、小さい頃から興味のあったネイルを勉強しようと、スクールに通うことにしました。

小さい頃から大好きだったネイルを習いに

―(ガイド)ご主人にネイルスクールに通いたいと相談されたんですか?

今岡さん:結婚当初は、主人の母と同居していて、日頃からよく義母の前でネイルを塗っていたんです。だから主人に相談というよりも、義母の方から「習いに行ったら?」って言ってくれたんです。「え、いいんですか?」という感じで、とても嬉しかったのを覚えています。

それからは、私が昼間にスクールに行ってる間は、義母が子どもの面倒をみてくれることに。週に2回、朝から夕方まで、個人指導の先生についてみっちり習いました。とても厳しい先生で、細かいところまで見てもらえる半面、少しでもだめなところがあると次のステップに進めなくて大変でした。でも、私も昔からネイルが好きだったこともあって、本当は1年ほどかかるところを、半年で修了して、さらに検定も終えました。これはとっても優秀なんですよ(笑)。楽しくて、楽しくて毎日行きたいと思うぐらいでした。


梨恵さんがご結婚されたのは、20歳。その若さで、ご主人の職業と将来のことを考えて「手に職を」とお考えになるなんて、なんというしっかり者なのでしょう。さて、ネイルを習った後は、プロのネイリストとしてのお仕事へとつなげていきます。