どんな人が向いていると思いますか?

三日月お風呂
清水さんの作品。フリー素材が掲載されている【ふわふわ。り】より。「三日月お風呂」
絵を描くことが好きなのはもちろんですが常に自分のイラストを磨く努力ができる「向上心」が必要だと思います。

また、個人で仕事をしているわけですから、自分のイラストを出版社などに売り込みにいくために、営業活動が得意な方が良いと思います。

私自身はかなり引っ込み思案な性格なので、未だに営業活動は出来ていません。ですので、余計に身にしみてそう感じます…。

どのようなスキルがあれば仕事に生かせると思いますか?

イラストの技術だけでなく、グラフィックデザインなどのスキルもあれば仕事に活かせると思います。雑誌や書籍、ウェブサイトなど、全てにおいてデザインのないものは存在しません。イラストもその中に溶け込む事を前提に描くことが出来れば、より良い仕事になると思うからです。

「イラストレーター」の将来性について

イラストレーターは個人で活躍している人が多く、本当に自分の努力次第で仕事に繋がる職業だと思います。また、知り合いのイラストレーターさんは、ご結婚後お子さんを育てながら仕事をしていますし、比較的長く続けていける仕事ではないでしょうか。



【編集後記】
今回取材をさせていただくにあたり、何度かメールでやりとりをさせていただきました。対応がすばやく、的確で、且つ、やわらかなお人柄を感じるメールをいただきました。とてもステキなイラストを描かれる清水さんの、これからますますのご活躍が楽しみですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。