よかったと感じることはどんなことですか?

ずっと好きで続けてきたイラストを職にしているので、自分の仕事に常に誇りを持てるということが一番よかったと思います。また、イラスト納品後、クライアントの方から「期待していた以上に満足した」とメールをいただいた時は、本当に嬉しいです。

思い描いていたこととのギャップはありましたか?

大きなバックに資料をたくさん詰めて出かけるイメージがあったのですが、メールのやり取りも多いです(清水さん)
仕事をはじめるまでは、大きなバックに資料をたくさん詰めて、クライアントの方と直接打ち合わせに出かける忙しい日々を想像していましたが、実際は、メールでのやり取りが多いことに驚きました。遠方の方とは、納品まで一度もお会いすることなくメールのみの場合も多々あります。思っていた以上に家にこもる仕事なのだな、と思いました。

失敗談があれば、お聞かせください

秋に出版される予定の書籍イラストの仕事が入り、人物イラストを数十点描かせていただきました。ところが、夏真っ盛りの時期に描いたせいか、全て夏服を着た人物のイラストを納品してしまいました。クライアントの方から「秋服でお願いします・・・」と修正依頼がきた時、ハッ!としてしまいました。

[ →→ ] お話のつづきはこちらから 次ページへ