女性の転職/女性の転職関連情報

欲しい物を手に入れる「未来年表」の作り方(2ページ目)

夢見ていたとおりのビジネスライフを送っている人のなかには、「未来の年表」を作っている人も多いようです。今回は、未来年表の作り方をご紹介します。

執筆者:三輪 貴子

今日から自分を変えていく

周りの人に夢を語って、良い情報があれば教えてもらいましょう
未来年表ができあがったら、1年目の目標をチェックします。次に、その目標を達成するために、「今できること」をリストアップします。ここで大切なことは、明日からすることではなく「今日からできること」を考えるということ。

1年目の目標が「資格を取得すること」なら、仕事の帰りに本屋さんへ行き、参考書を購入する、またはすでに資格を取得している同僚に話を聞くなど、どんなに小さなことでもOK。今すぐ行動を起します。今できることからはじめて、1年目のゴールへ向かって走りだすためのスタートラインに立つ。明日は、その日できることを考える。少しずつ前に進むことで、必ず行動に弾みがつく日が訪れます。まずは、行動を起すこと。ぜひ、チャレンジしてください。

情報を集める

未来年表を作り上げると、未来年表へ書き記した目標に関係する情報が、自然に集まってきます。新聞を読んでいても、テレビを見ていても、目標へ近づくために役立ちそうな情報を聞いたり見たりすると、自分自身が敏感に反応するようになります。氾濫している情報の中から、必要な情報だけをピックアップするのは難しいこと。自然と有益な情報を見つけられるように、未来年表で設定した目標を記憶にとどめておきましょう。

また、自分の目標を、周りの人に話をしておく方法もおすすめです。周りの人が、目標に関係する情報を手に入れると、「先日○○と言っていたけど、こんな情報があったよ」と教えてくれる可能性もあるからです。恥ずかしがらずに、自分の夢を語ること。これも、目標を達成するために有効な手段なのです。

さいごに

季節がめぐるたびに、「今年も、あと半年」「あと3ヶ月」と焦り、結局1年が終わることには、なにも目標をクリアにできていなかった、ということは、きっとみなさん1度は経験されたことがあるのではないでしょうか。1日、1時間、1分、時間は人生そのもの。充実した人生を送るために、目標設定を行い、なりたい自分や欲しいものを手に入れましょう。ぜひ、未来年表を活用してみてください。



【編集後記】
実は、ガイドの私も、未来年表を作り手帳へ書き記しています。そのなかには、5年後にカフェを開きたいとか、自分のメディアを持ちたいとか、夢のまた夢という内容もたくさんありますが、それに向かって毎日過ごすことが、今何よりも楽しいと感じています。このワクワク感を、ぜひ記事をご覧のみなさまにも感じていただきたいと思い、今回は未来年表についてまとめてみました。ご参考になれば、とてもうれしいです。未来年表で、充実した人生を!
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で転職関連の書籍を見るAmazon で転職関連の書籍を見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます