自分の半生を振り返って見ましょう!

なんとなく転職も考えているけれどこの先何をしていきたいのかはっきりしない、現状に不満というわけではないけれど、このままでいいのかな、と感じている。
なんとなく自分が思うように物事が上手く回っていない気がする。
なんだかはっきりしないけれど「今」よりもっとよくなりたい。でも何をどうすればいいのか、その方向さえもわからない・・・
深刻に悩んでいるというほどでもないけれど、いまひとつ思考や気持ちがすっきりしないことはありませんか?
そんな気持ちをお金もかけず、しかも外にも行かず家の中でふっきる方法があります。


明るい将来へのヒントがたくさんつまった自分年表


それは自分年表を作ること。
仕事が忙しいとどうしても「今」のことで頭がいっぱいになりがち。将来に漠然とした不安があるときはただでさえ大変な「今」に加えて「将来」のことも考えなくてはいけないので、過去など記憶をささっとなぞる程度で、じっくりと振り返る時間などそうそうとれません。

ところが、将来に迷ったとき、なんとなく上手くいっていないと感じているときこそ、じっくりと過去を振り返ってみると、そこからヒントや答えを見つけることができるのです。

お金もかからず誰でも簡単にできます。ただし、「じゃあ今日お風呂にはいりながら振り返ってみるか」ではなく、きっちりと過去を振り返る為の時間を確保することが必要です。2時間程度です。
ちょうど映画一本分くらいです。自分の半生(正確には社会人になってからの人生ですが)が映画一本分と思えば決して長い時間ではありません。