自分がやってきた仕事について、時系列に沿って順番に話ができる人は多いと思いますが、自分の仕事を一貫性のある「キャリア」として語れるかどうか、これこそが将来リストラされるか、それとも生き残れるかの分かれ道になります。若手もその点では例外ではなく、特に外資系企業では「専門キャリア」がシビアに評価されますので注意が必要です。

社外でも通用する実務経験が「キャリア」

alt

アピールできるキャリアが大切

多くの人にとって会社の仕事とは、まずは「人から与えられる仕事」であることが多いものです。上司から命じられたり、顧客からの要望であったりという具合です。ゆえに実績も「与えられた仕事」の中で達成した「成果の集積」にすぎないため、そうして得られた実績が、「一貫性のあるキャリア」としてアピールできるかどうか、ここが重要なポイントになります。

社内でしか通用しない「ジェネラリスト」

alt

社外でも通用する経歴が必要

会社都合で数年単位の部署異動を繰り返す人は多いもの。上司からは「総合的にいろいろと経験してほしい」「ジェネラリストに育ってほしい」という言葉をかけられることもあるでしょう。一方、浅く広くものごとを経験した人物は、転職市場では自分のキャリアをアピールすることに大変苦労するものです。不十分な業界経験及び実務経験では専門性とはみなされず、残念ながら特定の会社の社内でしか通用しない経験ということになってしまうのです。

つまり、目先の仕事に忙殺されてばかりいると、いわゆる一人のビジネスマンとしてキャリアを積めないまま、時間だけが過ぎてしまうことがあります。特に大企業で働くビジネスパーソンの場合、注意が必要です。というのも、一人ひとりの担当する仕事の「領域」が比較的狭く(仕事量はとても多かったりしますが)、特に若い時は個人の裁量が制限されがちです。会社が変われば担当領域が変わることはよくあることであり、むしろ小さい会社で働いていた人の方が幅広く実務経験を積んでいることが多いようです。