image
今自分が持っているもの(経験、能力)を最大限に生かすことを考えよう!
【読者からの質問】
現在35歳ですが、私の年齢で有力法科大学院へ入学できるのでしょうか。大手予備校は、「もちろん頑張れば受かります」と言いますが、商業主義第一なので実際に信じることができません。私は契約社員として働いていますが、社会人として記入できるような職歴はなく、また大学も無名に近い大学の経営学部卒です。中国、カナダへの留学経験(各1年間)があるので、中国語、英語はある程度出来ます。アドバイスのほど何卒よろしくお願いいたします。

有力法科大学院への進学


相談者は有力法科大学院への進学希望とのことだが、有力法科大学院がどこかを判断するには、来年行われる新司法試験の各校の合格者数が参考になる。

新司法試験が実施されるのは、2006年(平成18年)5月。受験資格は「受験時に法科大学院の課程を修了していること」だ。法科大学院は2004年4月からスタートしたが、各校のカリキュラムの評価は、この新司法試験の合格者数をいかに多く出せるかにかかっている。現在74校が開校しているが、一人も合格者を出せない学校が出るのではないか、という噂もあり、各ロースクールにとっては、合格者数の確保が今後の学校運営に大きな影響を及ぼすだろう。
経営難で大学倒産!母校消滅で私の履歴はどこへ?

なお、司法試験専門予備校に取材した際、担当者の一人は「東京、早稲田、慶応など名の通った大学のロースクールなら間違いない」と言っている。ちなみに今年度(2005)の司法試験大学別合格者数は、下記の通り。

1位 早稲田大学  228人
2位 東京大学   225人
3位 慶応義塾大学 132人
(法務省発表)
※2005年度、東京大学法科大学院、早稲田大学法科大学院、中央大学法科大学院、慶応大学法科大学院に合格したYuichiroさんの法科大学院・ロースクールさぷりでは、各大学別の受験・学校情報、攻略法、クチコミ情報などが充実!

「職歴←契約社員ではダメ?」「外国語能力を武器にする!」「35歳では遅すぎる?」→次のページへ