「留学先の下見は出来る限りしておきたい」 その理由


「ここ、治安悪いの知ってる?」

アメリカでも1、2と言われる美しい歴史的な街に留学した私は、到着した当日、カフェで学生の1人にいきなり言われました。そして追い討ちをかけるように「この前もダウンタウンで女の子が射殺されたよ」とサラリ。

今までのほほんと日本で暮らしてきた私は、今後、治安が悪いと言うことがどんなことか、思い知ることになるのですが、到着早々、冒頭の言葉を浴びせられ、早くも日本に帰りたくなりました。


もし、事前に下見をし、治安が悪いことを知ってさえいたら、私はここを留学先に選ばなかったでしょう。私が留学先を選んだ理由の1つに、日本人が少ないを挙げたのですが、治安が悪いことが、日本人が少ない理由でもあったのです。

留学とは数年間その学校で勉強し、生活することですから、なるべく自分にあった学校(場所)を選びたいものです。自分に合うかどうか、は学校のホームページやパンフレットだけではなかなか分かりません。
時間やお金の制約もありますが、私は経験者として、学校を決める前に事前に下見をすることをオススメします。

キャンパスツアーに参加しよう!→次のページへ
・留学先下見のチェックポイントその1(場所、治安、学校の雰囲気)→3ページ目へ
・留学先下見のチェックポイントその2(設備、寮、買い物、やっぱり現地の生情報!)→4ページ目へ