大学院入学資格の緩和って何?

1999年より始まった大学改革により、大学院入学資格が大幅に緩和されました。「大卒じゃないと大学院に行けないのでは?」と思っている方が多いのですが、実は違うのです。

現在、日本のたいていの大学院では、出願資格を下記の様に定めています。

『大学を卒業した方、または本学大学院が行う出願資格事前審査において大学を卒業した方と同等以上の学力があると認められた方』

では、具体的に放送大学大学院修士全科生の出願資格を見てみましょう。次の1~5のいずれかに該当する方は出願資格事前審査なしで出願できます。

1)大学を卒業した方又は平成16年3月31日までに卒業見込みの方

2)大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された方又は平成16年3月31日までに授与される見込みの方(以下略)

3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方又は平成16年3月31日までに修了見込みの方

4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した方

5)文部科学大臣の指定した方(以下略)

(放送大学大学院修士全科生平成16年度学生募集要項より抜粋)
では、出願資格事前審査を受けなければならない人って?→次のページへ!