(注:2002年3月3日、一部訂正・加筆)

放送大学ってご存知ですか?「聞いたことあるけど、よく知らない」「全然知らない」という方のために、簡単にご紹介します。

放送大学は、満18歳以上で大学入学資格を持つ方は無試験で入学でき、入学のチャンスは年2回、一旦全科履修生になってしまえば、最高10年まで在学でき、授業はテレビとラジオでの放送授業を視聴する形。登校するのは試験の時のみ(面接授業を登録した場合は各実施センターへの登校が必要)さらに大卒、短大卒、専修学校修了者はこれまた無試験で3年次に編入できるという、社会人にとっては仕事と両立しやすい便利な大学です。

放送大学を卒業した場合、『学士(教養)』が授与されますが、選科履修生や科目履修生として入学し、学位授与機構の規定にしたがい、一定の単位を取得し、試験に合格すれば、教養学士以外の学士取得も可能です。

さらに国家試験の一次試験免除(公認会計士、不動産鑑定士、司法試験)や受験資格取得(税理士、社会保険労務士)も取得できます。

学生にとってなによりもうれしいのが、正規の大学でありながら、授業料が格段に安い(1科目2単位で1万円)ということ。取りたい科目分だけ、授業料を支払うわけですから、1学期に1科目だけの受講も可能。学費一括納入じゃないのは、うれしい限り。