1 【今回の選挙、ここが見どころ】
2 【北海道・東北・関東地方の選挙情勢】
3 【北陸甲信越・東海・近畿地方の選挙情勢】
4 【中国・四国・九州地方、比例代表区の選挙情勢】

北海道・東北の選挙区情勢

●北海道 定数2[一角崩し?]※注目区

民主の現職小川勝也が終盤も安定した選挙戦。これを自民現職の伊達忠一が追う展開。新党大地の多原香里が民主の推薦も受け激しく追い上げている。多原がどこまで無党派層に食い込めるかによって、選挙の情勢も大きく動く可能性がある。

●青森 定数1[接戦]

3選を目指す自民現職の山崎力と民主新人平山幸司の激しい競り合い。無党派層には平山が浸透する一方、山崎は組織、特に公明支持層を固めつつある。山崎がどこまで無党派層を取り込めるか。

●秋田 定数1[接戦]

自民現職の金田勝年と無所属で民主・社民の推薦受ける松浦大悟の激しい競り合い。元アナウンサーの松浦が知名度でリードし、無党派層に浸透。金田は徹底的な組織選挙でこれに対抗している。

●岩手 定数1[民主優勢]

民主現職の平野達男への支持が大きい。小沢代表のお膝元ということもあり、県知事からも支援受ける。自民新人の千田勝一郎は若さをアピールし、無党派層への浸透を狙って追い上げを図っている。

●山形 定数1[民主やや優勢]

民主新人の舟山康江が自民新人の篠原みえ子に一歩先行。どちらも新人だが、舟山が着実に無党派層に浸透する一方、篠原は選挙活動の出遅れが響いている形。ただここにきて篠原は組織票を急速にまとめつつあり、予断は禁物。

●宮城 定数2[平穏]

民主現職の岡崎トミ子、自民現職の愛知治郎が安定した戦い。特に岡崎は年金問題などを追い風に堅実な戦いでトップを狙う。愛知も祖父の代からの地盤をフル活用し、岡崎に迫ろうとしている。

●福島 定数2[平穏]

民主新人の金子恵美、自民新人の森雅子がともに優位な戦いで議席を分け合いそう。市議会議員だった金子が組織力でリード、無党派層にも浸透。森も組織を固め磐石だが、無党派層での支持上積みで苦戦。

関東地方の選挙区情勢

●群馬 定数1[自民優勢]

自民現職の山本一太が安定。マスメディアを通じた知名度は大きく、無党派層にまで支持を広げつつある。国民新党の現職で民主党が推薦する福田晃治は民主党支持層への浸透が課題。

●栃木 定数1[接戦] ※注目区

定数削減で現職どうしの戦いになった接戦区。民主党現職の谷博之と自民現職の国井正幸が激しく競るが、宇都宮など都市部で谷が優位に戦いを進めているともいわれる。投票日当日の無党派層の動向に注目。

●茨城 定数2[平穏]

民主新人の藤田幸久と自民新人の長谷川大紋が安定した戦い。藤田は元衆院議員、長谷川は県議会議長としてのキャリアをそれぞれいかし議席を分け合う様相。地元選出である赤城農相の事務所費問題が長谷川陣営に影を落としている。

●埼玉 定数3[民主どこまで?] ※注目区

横一線ながらも、民主新人の行田邦子が頭ひとつリードしている模様。無党派層への支持も集めているようだ。公明現職の高野博師と民主現職の山根隆治、自民新人の古川俊治の3人が残り2議席を激しく競る。無党派層の動向によっては民主2議席獲得もあり得る情勢で公明は一丸となって高野を支援している。

●東京 定数5[一角崩し?] ※注目区

激戦だが、ここにきて連合の支援が厚い民主現職の鈴木寛が一歩リード。続いて自民の東京都連が全面バックアップする自民現職の保坂三蔵、無党派層への浸透が課題だが公明現職の山口那津男が安定した戦いをしている。また終盤に来て民主現職の大河原雅子も支持を広げている。残り1議席を自民新人の丸川珠代、共産新人の田村智子、無所属新人の川田龍平らが激しく競っている状況。

●千葉 定数3[3議席目を競る]

自民・民主がそれぞれ2候補擁立し激戦。そのなかで民主現職の長浜博行、自民現職の石井準一がやや抜けている状況。3議席目を連合の支援を受ける民主新人加賀谷健と、自民新人白須賀樹貴が競っている形。

●神奈川 定数3[2番手以下混戦]

自民が候補を1本化した一方、民主は2候補擁立したため情勢は混沌。自民現職の小林温がやや優勢か。終盤に入り民主新人の牧山弘恵が若い無党派層を取り込み、優勢になりつつあるという情報も。民主新人の水戸将史が無党派層浸透が今一つである一方、公明現職の松あきらは無党派層にも浸透しており、当日まで予断を許さない状況。

北陸信越・中部地方の選挙情勢は次ページ。