画像の代替テキスト
PCの前でこんな恰好で寝ている社員を、私はある会社で見たことがあります。本人も本人ですが、周りにいる同僚にも少しは問題があるのでは? と思われても仕方がないですね
事例:8
化粧品販売会社の社員。軽石で皮膚摩擦をすると健康と艶に良いと聞き即実行。翌朝、両腕両脚血だらけで出社してきました。綺麗になりたい一心で痛いのも我慢して熱心に軽石でこすったら因幡の白兎に……。

事例:9
お得意様を紹介して頂くため、先輩と待ち合わせをした山田さん。会社を出る前に準備を整えトイレへ。すっきりして気が抜けた瞬間、便座に着座したままトイレの壁にもたれかかってそのまま熟睡タイム。先輩からの連絡で行方不明の山田さんを社内捜査。当の山田さん、発見されるまで夢の中でした。

事例:10
お得意先の音痴なお偉いさんと、パブのカラオケへ。気持ち良さそうに歌うお偉いさんの音程のズレと、不揃いのリズムに周囲が困惑。他のお客様にご迷惑がかかっていると思い、もう一本のマイクを握り必死に音程とリズムの矯正をしました!!

事例:11 
入社2年目の大島さん。給料をもらうとパチンコへ。お陰で生活費不足でサラ金やクレジットカードの借金は110万円に。心配する上司に「大丈夫です。毎月1万円ずつ返せばいいだけですから」と言いながらもう一社サラ金が増えていました。
                                  

身に覚えがある? 許されないおバカ

画像の代替テキスト
社内でこんなにイチャつかれても…、社内の士気は一気にダウンすることは目に見えています

それでは、事例がどっちのおバカかお答えします。

■可愛いというか間抜けな笑えるおバカ……4、8 
4は、次の駅で戻ってくれば何とか取り返しがつきます。
8は、痛いのは本人だけで、他の誰にも迷惑はかけていないからです。

■許されないおバカ……1、2、3、5、6、7、8、9、10、11
1、は場をわきまえていない行為です。
2、3、5、9は、全てが他者に迷惑をかけています。
6、7はお客様に対してだと無礼千万の態度です。
10は、気を使う相手をお得様のお偉いさんにすべきでした。リズムと音程を正すということは音痴ですねと直撃したようなものです。
11は、プライベートの事に口を挟んでいるのではなく、サラ金で生活費を借りることは社会的に信用がなくなります。

面白い話でも迷惑をかけたり、相手の気分を害したり、信用をなくすようなことはビジネスマナーでは絶対にタブーです。

次のページは、気になるおバカの事後とは?