最近、クイズ番組から誕生したユニット「羞恥心」やおバカタレントが、世間を和ませています。このように許せる「おバカ」がいる一方で、許せない「おバカ」がいます。
許せる「おバカ」は、可愛げがあって周囲に迷惑をかけない天然のドジ。後者は、迷惑をかけているのに反省もなく繰り返し、その時の周囲の気持ちにも気付いていない人。あなたは、会社で許せない「おバカ」になっていませんか?

実録!! これは可愛いおバカ? 許されないおバカ?

画像の代替テキスト
自分のプレゼンの順番になり、いざ!と思いきや手元の資料は前回のプレゼン資料……。整理不足「おバカ」が思わぬ失敗を繰り返します
これからご紹介する事例は、ガイドが見聞きしたものです。「可愛いおバカ」と「許されないおバカ」のどちらでしょう?

事例:1 
出社して着席すると同時に机に鏡を乗せて、前髪にヘアーカーラーを巻きつけアフターファイブのデートの準備を着実にします。だって“カレ命”ですもの。

事例:2 
電話の接客でシドロモドロの新人さんに上司が親切にメモに伝える事を書いて渡してくれました。しかし、新人さんはそれを見ただけで言わなかったため、クレームに!! その後「なぜ言わなかったのか」と上司から質問されると「字が汚くて読めなかったじゃないですか!! もっと上手に書いてください」と逆ギレ……。

事例:3
一曲の内で終わりの方に、たった一度打つだけしか出番のないシンバル奏者。一生懸命他の人の演奏を聞きながら出番を待っていたら、曲が終わっていました!!

事例:4 
朝の通勤ラッシュ時に、女性係員さんが乗客を電車の中に押し込んでいたはずが…。気がついたときには、足が宙に浮いた状態で動いている電車の中。必死に押し込んでいるうちに後ろから来たお客さまに押し込まれちゃった……。

事例:5
新聞店の集金リーダーさん。「集金集金とばかり言ってないで他の仕事もやれ!!」と社長に注意されたので、お客様に渡す領収書を全集金スタッフから集めて自分のロッカーに入れて鍵をかけて一安心。しばらくして集金したお金を発行本社に納めるから納金するように言われた時「集金するなと言われたから集金していません」と笑顔で答えました。

事例:6 
断られると直ぐに引いてしまう営業マン。「根性がない!! 粘りがないから成績が悪い!!」と上司が叱責。そこで夜間個人宅へ飛び込み営業をかけ、電気がついているのに出てきてくれない家のインターフォンを根性出して10分間押し続けたのでした。

事例:7 
通販の電話受付係嬢。お客様から家具の納品日を変えて欲しいと連絡があったので「会社のルールで宅配業者に手配後はお届け日を変えられません。変えたいなら一度解約して注文し直してください」と、お客様に返事。

次のページは、まだまだ続くおバカ事例&知りたい答え。