皆さんに伝えたいこと

中川さんは最後に伝えたいことを3点に纏められました。

1、本当の就職活動は入社してからということです。
入社はゴールではなく、あくまでも始まりに過ぎないということです。はじめの配属が天職であるとは限りません。そういう意味で仕事を通して、就職活動をしているようなものです。

2、代替不可能な人材になることです。
相対的な存在ではなく、絶対的な存在です。オンリーワンということを目指されてはいかがでしょう。これは自分しか出来ないスキルを持つか、他社と比べ、圧倒的に卓越したスキルを持つと言う意味です。管理会計と言えば鈴木さん、税務については佐藤さん、クレーム処理と言えば田中さん、というように、直ぐに顔が浮かぶ存在になるかどうかです。

3、何のために働くかということです。
プロとして本当の価値を生み出す存在になること、仕事を通じて社会に貢献することです。お金はあくまでも結果論です。リーマンブラザーズの経営破たん等で、経済市場主義から原点回帰が求められている昨今です。結局のところ、職業とは「個性と能力の社会化」ということなのでしょう。

以上、中川さんの講演をベースに、少々手を加えさせていただき、今回は記事化いたしました。皆さんにとってのキャリアプランニングのヒントにして下さい。

■関連記事 
女性向きの仕事ソフトインテリジェンスとは

■推薦図書
「女性職の時代」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。