<中古ビル再生のリーディングカンパニー「サンフロンティア不動産」堀口智顕社長の後編> →前編

58年新潟県佐渡島生まれ。18歳で上京し、アルバイト中心の生活を過ごす。86年不動産会社に転職。その後同社取締役営業部長に就任。89年独立。99年サンフロンティア不動産設立、代表取締役社長就任。2004年11月ジャスダック上場。参考ビジネスパーソン半生記 サンフロンティア不動産 堀口 智顕氏
27歳までカフェの店長だった堀口氏は、未経験の不動産会社に転職する。ところが持ち前の営業センスで瞬く間にトップセールスに駆け上り、入社3年あまりで不動産会社の役員に抜擢される。そして「東京で一旗上げたい」という上京以来の夢を果たすべく、社長に頭を下げ、業績絶好調だった会社の株式上場を持ちかけた。ところがプランはあえなく却下され、失望した堀口氏は独立開業を選ぶ。


Contents
前編「ビル再生王」サンフロンティア堀口社長
1.ワンルームマンションの孤独な戦い
2.バブル崩壊後の不遇の時代
3.DPEショップで失敗
4.賃貸に活路を見出す
5.人生を変えた3人の師との出会い
6.本質は「人と心」と気づく
7.ノルマのない不動産会社
8.夢は「日本一役に立つ不動産会社」