相手を唸らす商品開発力

プロジェクションテレビ
プロジェクションテレビにも参入した
もう1つの飯塚さんの強みは、タンディ時代、400近い商品を企画した「商品企画力」。

バイ・デザイン自体が、商品企画がベースとなっている会社だといえますが、百戦錬磨の大手家電量販店のバイヤーを納得させるには、彼らの期待値を上回る商品を打ち出さねばなりません。

飯塚さんによれば、それは情報の「量」で決まるといいます。

現在、薄型ディスプレーテレビの商品企画を手掛ける飯塚さんは、バイ・デザインを立ち上げる前の2年間、世界中のメーカー・消費者の動向をウォッチし続けました。

メーカーであれば、日本・韓国・台湾にある関連数十社のライン増設計画など、あらゆる情報を頭に入れ、1年後の計画まで見通せるほどの業界通になりました。

アメリカに出張すれば、ウォルマート、ベストバイ、サーキットシティなどの現地量販店に足繁く通い、「私ほどアメリカの家電市場を知る人はいない」と豪語するほど、アメリカの消費者市場を熟知するようになったのです。

各社の戦略を見据えながら、さらにその上手(うわて)を行く商品を企画するのが、飯塚さんの商品開発スタイルです。

営業に国民性の違いはない

世界を舞台に活躍する飯塚さんは、「どの国の人と取引しても国民性の違いなどは感じない」と断言します。世界で磨かれた飯塚さんの営業ノウハウを、ぜひ参考にしてください。


コラム:いつでも、どこでも、仕事場になる

飯塚さんは、月2回以上海外に出張し、ほとんど日本にいない生活を続けています。飛行機などの移動時間がも多いのですが、場所と時間にこだわらず、ほぼ1日中仕事をする毎日。

無線LANが届く場所があれば、すぐさまメールを送受信。電源コンセントがあれば、パソコンのACアダプターを差し込み、バッテリーを充電。その場に座り込んでも仕事をはじめます。

しかも飯塚さんは、海外出張期間は、ほとんど睡眠をとらないそうです。

日中は、商談と現地視察を行い、夜は交渉相手と食事をしながら情報交換。ホテルに戻れば、メール対応や日本との連絡。翌朝、次の目的地への飛行機に飛び乗り、そこでも仕事を続ける―――。最後にしばしの仮眠を取る程度。

私が取材した当日も、前日ヨーロッパから帰国した直後。夕方成田に着き、そのまま事務所に直行、深夜まで働いていたそうです。かなりハードな働きっぷりですが、「楽しいことをしているからまったく平気」とのこと。



関連ガイドサイト
起業・独立開業
営業・セールスの仕事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。