トップセールス列伝Vol.2
デル躍進を築いたバイ・デザイン飯塚克美社長

バイ・デザイン飯塚克美社長
飯塚克美氏 49年生まれ。72年明大経営卒。同年タンディ・ラジオシャック日本法人入社。電子機器の敏腕バイヤーとして、日本、韓国、台湾、米国などで活躍。87年デル入社。88年同社日本法人社長就任。95年パソコンメーカー・アキア設立。2期目で年商100億円を超す急成長を遂げたが事業にとん挫。2003年6月バイ・デザイン設立、代表取締役社長就任。飯塚氏のキャリア
薄型ディスプレーテレビ専業「バイ・デザイン」の飯塚克美社長は、デル日本法人の社長を務め、日本市場における「デル躍進」の基盤を築いた人物。

大学卒業後、外資系への就職がめずらしかった時代に、世界最大級のエレクトロニクス機器販売店「ダンディ・ラジオシャック」(アメリカ)に入社。

バイヤー、セールスとして、韓国・香港・アメリカなどで活躍したのち、デルに転じています。

1995年、飯塚さんはデルを辞め、パソコン企画販売会社「アキア」を創業。当時「Windows95ブーム」に沸いたパソコン市場で一世を風靡しました。当時のパソコンユーザーならば、一度は耳にしたことのあるブランドだと思います。

社員数十名の会社が、世界のビックカンパニーを動かす!

バイ・デザインは、工場を持たず、商品企画・販売に特化する「マーケティングカンパニー」と呼ばれる業態です。社員はわずか数十名。部品の調達は業界大手のシャープなどから行い、生産は中国のメーカーに任せます。

販売もインターネット通販を行うほかに、「ウォルマート」「コストコ」「ヨドバシカメラ」など、アメリカ・ヨーロッパ・日本の大手家電量販店に卸売りします。

驚いたのは、設立わずか2年で、来期の年商が「70億円超」と予想されていること。

この急成長も、世界に名だたる大企業を、従業員わずか数十名の会社が、梃(てこ)のように活用しているからこそ。元はといえば、飯塚さんの交渉力・人脈といった「営業力」のなせる業(わざ)なのです。

第2回目の「トップセールス列伝」は、世界中でバイヤー・セールスとして活躍してきた“らつ腕”飯塚克美さんを取り上げます。



・ポイント2:“黄金の人脈”を築くには?
・ポイント3:相手を唸らす商品開発力

・「第1回トップセールス列伝」テンポスバスターズ森下篤史社長