子どもたちは「昼間のパパ」を知らない!

「昼間のパパの顔」を知れば、子どもたちがパパを見る目も変わるかも!
自営業ならまだしも、会社勤めのパパならば、仕事で帰ってくるのは子どもが寝静まってから。しかも朝は子どもが起きる前に家を出て……というご家庭も多いのではないでしょうか。でも、それでは特に子どもが小さいうちは、子どもがどうしたってママにばかりなついてしまうというものです。

またちょっと大きくなってからも、子どもが目にするパパの姿はなんだか仕事で疲れている姿ばかり。夜は酔っぱらって帰ってくるし、しかも休日に「仕事でゴルフ」ともなれば、つらい接待をしてるのも知らず、「うちのパパの仕事はゴルフで遊んでるだけでいいな」なんて勘違いまでされかねません。

じゃあ、パパの仕事姿を見てもらおう!

そこで名誉挽回策にオススメなのが、子どもたちにパパの「仕事」を知ってもらう体験をさせることです。直接、パパの仕事場に子どもが見学に行く機会があればそれが一番ですが、そうでなければ他業種であっても仕事場見学をさせたり、子どもたち自身に職業体験をさせれば、きっと仕事とはどんなものか、そして働くことの大変さを子どもたちも実感し、パパの大変さ、一生懸命に働いてくれていることへの感謝の念を持つのではないでしょうか。

私自身も子どもの頃、家ではいつもゴロゴロしてばかりの父親が、休日に仕事の電話が入ると人が変わったようにキリリと対応する姿を見て「昼間のパパはちょっと違いそうだ」と思った記憶があります。パパの「昼間の顔」を子どもたちに見てもらえれば、パパの名誉(!?)も回復し、親子の絆もグッと強まるはずです。

そこで今回は、子どもたちが仕事場見学をできたり、職業体験ができるスポットをご紹介します。早速、次のページから見ていきましょう。