創造力や感性を養う絵画造形教室とは

カワイ絵画造形教室

カワイ絵画造形教室。創造力や表現力が自然に培われていく

最近、注目が高まっている絵画造形教室は、絵画や工作を通じて子どもの感性や表現力を育もうというもの。遊びの延長のような感覚で楽しみながら、単なる絵画や工作のノウハウ以上のものを得られるのが特徴です。

音楽教室でおなじみのカワイが運営するカワイ絵画造形教室は、ピアノの廃材を利用した木材チップなど、ほかにはないユニークな素材を取り入れたレッスンが人気。遊びながら創造する力を伸ばすことを目的に、全国各地に教室を展開しています。

レッスンの内容は毎回変わり、絵の具・紙・ねんど・ローラー・かなづち……など、さまざまな道具や材料が登場。毎回作品が形として残るので、子どもの成長を目に見える形で感じることができ、通わせる親にとっても楽しみのひとつになっているようです。

 

実際のレッスンの様子をレポート

カワイ絵画造形教室

子どもたちの好きにさせつつ、細やかに気を配る先生

今回はカワイミュージックスクール品川を訪ね、実際のレッスンの様子を取材しました。見学したのは、年少~年長を対象にした幼児クラス。この日は細長い紙でいろいろな形をつくる「まほうの輪」という内容でした。

まずは先生が、紙をホッチキスでとめて円形にし、平面から立体に変化することを教えます。「みんなもやってみましょう」というが早いか、子どもたちも早速作業をスタート。「丸くできるけど、ハートもできるね」「わたし、水色のハートが作りたい!」など自由におしゃべりしながら、楽しそうに手を動かしていました。
 
カワイ絵画造形教室

素材の特質や道具の技術を楽しく身につけていく

先生は基本的なやり方や道具の使い方は教えるものの、できるだけ子どもたちの自由にさせています。必要なところで手は差し伸べつつ、「これが作りたい!」といったアイデアが子どもたちから自然と出てくるようにうまくフォロー。子どもたちも「先生、見てて!」なんて興奮しながら、アイデアを形にしようと試行錯誤していました。 

この日のレッスンは全7名でしたが、性格もそれぞれ。あまり周りは気にせずに黙々と作業に集中している子もいれば、ほかの子の作っているものを見て「いいねえ、私もつくろう」なんて真似てみる子も。また、活動中にお友だちとぶつかったとき、ごく自然に「ごめんな」と謝っている子もいて、グループレッスンが創造性や協調性を養ううえで、いい刺激になっていることを感じました。少人数のグループの中で1:1の指導をしてくれるので、一人ひとりの発達にあったレッスンが受けられます。
 
カワイ絵画造形教室

作ったものを見せに来てくれる子も

1時間のレッスンも終盤になると、かんむりやベルト、ペンダントなど、さまざまな作品が出来上がってきます。なかには、取材中の私のところに「できた~」と見せに来る子や「写真とってもいいよ」なんてポーズを決めてくれる子もいて、みんな自分の作品をたいそう気に入っている様子でした。

 

レッスンで重視していること

カワイ絵画造形教室

ハサミを使うときは真剣な表情


レッスンで重視していることは、なにかを表現しようという意欲やアイデア、そしてそれを実際に表現していく過程だそうです。何か決められた形を完成させることが目的ではないので、失敗したらやりなおすのが基本。「一度作ったものをくずすのは勇気がいるけれど、工程そのものを楽しんでほしいし、そうすると力がついたり、子どもたち自身で何か発見がある」と講師の山田こずえさんは話します。

先生が第一に考えているのは、子どもが発想しやすい空間づくり。リラックスしているけれど、家にいるほどにはリラックスしすぎない程よい空気感、個々のアイデアや意欲を最大限に引き出せるような環境をつくりだすことが非常に大切だと考えているそうです。また、小さいうちからレッスンをうけることで、表現の引き出しが増えやすくなったり、集中力やイメージする力がついたりしてくることは、子どもたちを見ていて実感していることだそう。手を使うことは脳にもよい刺激になります。

特大画用紙や絵の具など、なかなか家庭では準備しづらい素材を使ってくれるのも、親にとってはありがたいところ。特大画用紙に腕を大きく伸ばし、体全体で描いたりするレッスンは心の開放にもつながるとか。「絵を描くのが苦手な子も、小さなことができると自信につながっていく」と先生。とにかく子どもたちが楽しそうに通っているのが印象的でした。 

 

カワイ絵画造形教室の教室データ

カワイ絵画造形教室

過去のレッスン一例。ピアノの廃材を利用した木材チップを利用してツリー作り

カワイ絵画造形教室は全国各地に教室あるほか、幼稚園の園内教室も多数展開しています。幼児コース(3~6歳)は素材を通してイメージを広げ、想像し表現する喜びを味わいます。また、素材の特徴や用具の技術を楽しく身に付けられる内容です。一方、児童コース(7~12歳)は材料や用具体験を増やしつつ、「自分」を表現することを目指します。また、素材をより生かした造形活動を目指し、表現意欲を高められる内容になっています。

無料の体験レッスンや見学のほかに、おためし3回レッスン(有料)もあります。子どもに合うか、楽しんで続けられそうかを見極めてから入りたい人におすすめです。

■カワイミュージックスクール品川
住所:東京都港区港南4-2-6 シティタワー品川2F
電話:03-3450-1301(受付時間:月~土10:00~18:00)

<幼児コース(幼稚園)、児童コース(小学生)>
曜日:水曜
時間:14:30~15:30(幼児コース)、16:00~17:00(児童コース)
費用:授業料7560円、運営管理費1836円(1か月あたりの料金、レッスンは月3回。ほかに入会金、初回のみ教材費要)
※費用は教室によりことなります


【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。