0歳からの習い事もますますポピュラーに、ベビーの習い事事情

最近では0歳児から習い事をさせるのも人もめずらしくなくなりました。ベビースイミングや能力開発教室のように赤ちゃんの心や身体を鍛えることが主目的の場合もありますが、育児の気分転換やストレス発散の場として活用しているママも少なくありません。子育て支援センターやベビーサークルの延長のような位置づけなんですね。なかには首すわりの頃から参加できるものもあり、ママ友づくりのきっかけにもなっています。

赤ちゃんとおててで会話、ベビーサイン

ベビーサイン

最近人気のベビーサイン

昨年末、人気育児雑誌8誌が選ぶ子育てトレンド、第4回ペアレンティングアワードを受賞したベビーサインは、最近あちこちで耳にする話題の習い事。90年代にアメリカで生まれた育児法のひとつで、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションしようというものです。

「おっぱい」「もっと」「おいしい」などのサインを使って意思を伝えられると赤ちゃん自身のストレスも減り、ママの育児もぐっと楽しくなります。実際にサインを使いだすと、「しゃべれないけど、ここまでわかってるんだ!」と驚かされることも多いはず。おうちでもしっかり教えてあげれば、1歳半くらいまでには50~60のサインを使えるようになるそう。全国各地に教室があり、レッスンでは、毎回新しいサインを学んだり、手遊び歌などをして楽しみます。

■ベビーサイン
対象年齢:お座りできるくらいから1歳半くらいまで
費用:受講料(月1回)2000円~、教材費(初回のみ)4500円~
問い合わせ先:NPO法人日本ベビーサイン協会 078-332-7884/info@babysigns.jp
HP:日本ベビーサイン協会

産後の運動不足解消やスキンシップになる、ヨガ・ピラティス

ママ&ベビーピラティス

ピラティスは産後のボディ改革にも

ママに限らず女性に人気の高いヨガやピラティスにも、親子で通える教室があります。とくに、産後のボディや運動不足が気になるママから高い支持を受けているピラティスは子育ての体力づくりにも最適。主婦の友リトルランドが運営するママ&ベビーピラティスは基本的にママ中心のプログラムになっており、子どもたちはおもちゃで遊びながらママのレッスンを見守ります。 

一方、赤ちゃんとのスキンシップをより楽しみたい人やマタニティヨガ経験者にはヨガもポピュラー。主婦の友リトルランドが運営するベビー&ママヨガ教室では、成長にあわせたポーズや始める前のベビーマッサージ、基本の呼吸法などを教えてくれます。赤ちゃんの全身器官の刺激と発達を促進するので、夜ぐっすり眠ってくれたり、便秘解消に役立つなどのメリットも。ママにとっては産後シェイプアップの効果も期待できます。子どもの成長にしたがいとれるポーズが増えていくのも楽しみのひとつ。ママだけのヨガタイムもあり、満足感の高いレッスンです。

■ベビー&ママピラティス
対象:首がすわったお子さまであれば参加可能
費用:7500円(税込)月3回、入会金:5250円(税込)  詳しくはHPをご覧ください
問い合わせ先:主婦の友リトルランド 03-3261-1121
HP:主婦の友リトルランド

ベビー&ママヨガ教室

親子の絆も深めてくれるヨガ

■ベビー&ママヨガ教室
対象:首すわり~つかまり立ち頃のベビーとママ
※歩きはじめのころ~3才までのママとキッズを対象にしたキッズ&ママクラスもあり
費用:1万8900円(税込)、全6回、施設利用料1050円(初回のみ) 詳しくはHPをご覧ください
問い合わせ先:主婦の友リトルランド 03-3261-1121
HP:主婦の友リトルランド


>> 「時代を反映する子どもの習い事事情」へ

>> チビタス「人気の習い事ランキング 子どもの習い事最新事情」へ




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。