血液型性格診断が今ブーム!


今、血液型性格診断がブーム!

「血液型性格診断」と聞くと、「そういえば、私たちの子どもの頃にも流行らなかったっけ?」と思ったママ&パパも少なくないかもしれません。
確かに今、30~40世代が小学生だったころ、能見正比古氏の「血液型性格診断」(関連サイトABO WORLD)が大ブームとなりました。
そして最近テレビ番組が火付け役となり、再び「血液型性格診断」が流行の兆しを見せています。それでは、そもそも「血液型性格診断」とは、どんなものなのでしょう?



★血液型性格診断とは?
「血液型性格診断」とは、例えば「A型の人は几帳面」「AB型の人は天才肌」などと、血液型によって人間の性格や行動を比較観察していくというもの。「でも、血液型って、たった4つの分類しかないんでしょ?」と思う反面、生真面目、おとなしい国民性があると言われる日本人にはA型が多く、俗に明るく、ノリのいい人を”ラテン系”などと言うように、明るい国民性で知られる南米ではO型が主流などと聞かされると、やはり血液型によって性格に違いがあるような気もしますよね。

★血液型性格診断にモノ申す!
しかし、前回のブームの時にも、そして今回も「血液型占いには、なんら科学的根拠がない」という声が挙がっているのも事実です。
例えば心理学的アプローチからは血液型による性格診断は、占いなどと同じく、誰にでも当てはまる文章が使われているから、誰しもが『自分も該当する』と思ったり(バーナム効果)、A型の人はA型に書かれていることが自分に当てはまると感じやすい(ラベリング効果)によるものに過ぎないと主張する人もいます。
ただ、血液型診断の歴史については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に詳しく記述されていますが、古くは戦前の軍隊でも、血液型性格診断を軍人の適材適所への配置のための参考にしていたこともあるようです。

★さて、試しに診断してみると……
そこで「論より証拠」とばかりに、私が血液型による性格診断にチャレンジしてみました。
それによると私は「AB型気質」が強いとのことですが、実は私はO型。ただし、そこには「遊び感覚で」としっかりと書いてありましたが……。