子どもが小さい頃の買い替えでは、保育や教育のことが、ライフプランのうえでのだいじな検討課題となります。

【関連記事】「子どもの教育を考えた住まい探し」

【関連記事】「子育て環境で町を選ぶ買い替え」

人生も半ばを過ぎて、リタイア後の生活がちらちらと見えてくる頃には、住み替えにあたり、これから住む町の高齢者福祉のことが気になりだしてきます。

高齢者福祉サービスは町により大きな差がある


写真のタイトル
日本経済新聞社は全国行政サービス調査を行なったが、高齢者福祉に関する調査アイテムは上記の6項目
高齢者に対する福祉サービスといえば、老人ホームの数とか在宅生活支援のサービスなどがありますが、これらの行政サービスの品質は、教育以上に自治体間で差があります。

中高年の人でなくても、一生の住まいと思って買い替えを実行するときには、その町の福祉レベルを調べておくことは必要なことです。あとになってから「こんなはずじゃなかった」なんてことのないように、自分のライフサイクルの中で行政にお世話になることを整理して、確認しておいた方がよいです。

また、自分の親の面倒を見る可能性のある人も無関心ではいられない話題です。

【関連記事】「親との同居は仕方ないのか?」

日本経済新聞社と日経産業消費研究所では全国の市区を対象に福祉や教育など公共サービスの水準を比較する「第4回行政サービス調査」を実施しました。とても興味深い内容です。次のページで、その調査結果をご紹介しながら、高齢者福祉を選ぶ住み替え」を考えてみましょう。