玄関をドラマチックに

ゴリこと赤木が住むこの家は、玄関に入ってすぐ正面前方に階段とトイレの扉が見えます。玄関は扉を開けた瞬間、その家の雰囲気がわかるものです。目の前に収納扉や壁などがくると、家全体が窮屈な印象になりがちです。

 

参考/影山明仁著 「名作マンガの間取り」
(ソフトバンククリエイティブ)

視覚的に家を広く見せるためには、視線をできる限り遠くにさせる工夫や、玄関上部に吹抜けなどを設けることが有効的です。視線を広げることで、外から内への心理的移行がなされ、安心感と落ち着きのある空間が生まれます。

赤木邸をリフォームする

 

トイレは和室の床の間部分に移動します。トイレのあったところは床から天井までのはめ殺しの窓にしてすっきりと見せ、外には一本の樹木を植えます。階段はふみ面だけのステップ階段にし、蹴上げの板は視線を遮断するので設けません。軽快な階段のイメージです。

【関連記事】
夏目漱石「吾輩は猫である」にみる間取り学
男はつらいよから学ぶコミュニケーション術
サザエさん(磯野家)の間取りから学ぶ
ドラえもん・野比家に学ぶ“現代間取り術”

実例を見てみましょう!→次のページへ