35坪の家の間取り

35坪の家なら20畳のリビング・ダイニングも夢じゃない(イメージ)

35坪の家なら20畳のリビング・ダイニングも夢じゃない(イメージ)

テレビや映画で見かける外国の家は玄関やリビングが広々しており、せっかくこれからマイホームを建てるとしたら、そんな家がいいな、と憧れる人もいると思います。

では、例えば20畳のリビング・ダイニングを確保したいとき、どの程度の規模の家なら可能になるでしょうか。そこで今回は延べ床面積35坪(115平方メートル)の家で20畳のリビング・ダイニングを確保した間取り例を見てみたいと思います。

 

延べ床面積35坪は広いのか?

ところで現在、1住戸当たりの延べ床面積の平均はどのくらいなのでしょうか。総務省統計局の「住宅・土地統計調査」によると、平成25(2013)年の1住宅当たりの延べ床面積の平均は94.91平方メートルです。これは一戸建て、長屋、共同住宅を全てひっくるめた平均値で、戸建て住宅だけで見ると平均は129.09平方メートル(39坪)となっています。従って、延べ床面積35坪(115平方メートル)は、戸建て住宅の平均広さよりやや小さいことになります。

しかしながら35坪の面積を確保できると、3LDKで20畳のリビング・ダイニングを確保することも可能です。【図1】の間取り図をご覧ください。

 

3LDK、リビング・ダイニングは20畳を確保

【図1】20畳のリビング・ダイニングを確保した延べ床面積35坪の家の間取り例(クリックで拡大)

【図1】20畳のリビング・ダイニングを確保した延べ床面積35坪の家の間取り例(クリックで拡大)


こちらの間取り図は1階の床面積は63.77平方メートル(19.29坪)、吹抜けのある2階は52.98平方メートル(16.02坪)、合計した延べ床面積は116.75平方メートル(35.31坪)となっています。

1階のリビング・ダイニング・畳の間は一つの大きな空間で、合わせて20畳の広さを確保しています(薄紫の部分)。部屋の形は使いやすい長方形で、ダイニング・リビング・畳コーナーとゾーン分けがしてあります。

次のページで今回の間取りの工夫ポイントをいくつかご紹介します。