鬼門とは北東、裏鬼門とは南西の方角のこと。家相ではその方位に玄関や窓、トイレなどの水まわりを作ると、家の中に悪いことが起きるとされています。しかしなぜ、北東と南西なのでしょうか? 実はその起源は古代中国にさかのぼります。

鬼門に玄関や水まわりがあるとどうなる?起源は中国の生活の知恵

鬼門の方角に玄関があるので増築のついでに向きを変えたい、裏鬼門に浴室があるのでリフォームの時に少し移動させたい、そんな依頼を受けることがあります。特に家相にこだわっているわけではないけれど、知ってしまうと何となく気になるという方も多いことでしょう。

しかしなぜ北東と南西の方角を、鬼門と裏鬼門というのでしょう。その源となったのが、古代中国の情勢と地形です。当時の中国の都の北東と南西には強大な敵がいて、また南西からは強風が吹いてくるという状況でした。

つまり鬼門とは「外敵」と「強風」を意味し、北東と南西の方角に開口部と水まわりを作らないようにしたのは、住む人の安全と健康を考えた、古代中国の生活の知恵でした。

荒涼たる風景

当時の中国で南西に開口部を作ると家の中に黄砂が入ってきてしまった。


この考え方が日本に伝わり、当時日本で恐れられていた古の神道の 「丑寅(北東の意)の神」 と合わさって、日本でも北東と南西の方角が強く忌み嫌われるようになったのです。

日本列島に家を建てると、玄関や窓は自然と鬼門の方角を向く

ここで問題になるのが、日本列島の地形です。日本列島は北東から南西に傾いていて、その背骨に山脈があり、その山に直交して川が流れています。つまり山も川も日本列島と同じように傾いているので、水利を考えて川沿いに道や家を作れば、自然と家の開口部も北東か南西、つまり鬼門の方角を向くようになります。

また最近の日本の住宅は、明るい南側にリビングや部屋を作る間取りが人気のため、水まわりを北側にまとめたプランをよく見かけます。そうなれば、トイレかお風呂か洗面所か、水まわりのどこかが鬼門である北東の方角にかかってしまうケースが少なくありません。

羅針盤と日本地図

日本列島の向きを考えると、山脈と垂直方向に流れる川に沿って建てた家は、鬼門か裏鬼門に開口部がくるケースが多いことがわかる。


京都や東京、また大きな城下町は、当時の国家事業として風水を取り入れた造営をしていますので、道が正しく東西南北を向いていたり、鬼門に大きなお寺が作られたりしています。

しかし、小さな村や民間の造成地では、普通に川に沿って道や家が作られることが多いので、北東や南西の方角に開口部がある家も多いというわけです。

鬼門の玄関や窓、水まわりは怖い?意味を知り縁起かつぎ程度のスタンスが吉

歴史学的に言えば、日本の鬼門は古代中国の生活の知恵と、日本の古の神道が入り混じって生まれたものなので、家の中に悪いことが起きるという根拠はどこにもありません。

しかし、古の神道とは怨霊信仰が源になったものですから、特に理由はなくても何となく怖いという感覚を持つ人は多いことでしょう。

家相や風水にどこまでこだわるか? その答えを出すには、まずはそう言われる由来や意味を知った上で、それが本当に自分の家に必要なものなのかどうか、じっくり考える必要があります。日本の国土や住宅事情を考えれば、縁起かつぎ程度のスタンスでいるのがよさそうです。

さて今回は家相の鬼門についてで、これは風水とはまた違うものです。手軽に取り入れられる風水リフォームについては下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。

家相監修:村上瑞祥/一級建築士事務所 OfficeYuu



注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。