2021年の財運のカギはキッチンにある……?

main

 

2021年に幸運を呼ぶ風水インテリアをご紹介しましょう。住まいの専門家である筆者が、風水に詳しい中国古代思想の専門家に、風水を上手に取り入れるコツを聞きました。財運のカギはどうもキッチンの吊戸棚の中にありそうですよ。

 

風水で財運を取り入れるカギは水まわり。「淀ませない」ことが大切

2021年をどんな年にしたいでしょうか? 様々な願いがあると思いますが、今回は「財運」を呼び込む風水インテリアのコツについてご紹介しましょう。

風水は、中国の古い思想に基づいた「快適に暮らすための環境を整える学問」のようなものです。古い思想ですが、根底に流れる「人が幸せに暮らしたい」という思いは、今の時代にも共通するものがたくさんあります。

風水では、風や水、地脈といった大自然が「運気」を運んできてくれると考えます。そこで大事なことは“淀ませない”ことであり、風や水も淀めば濁って腐るように、家の中に取り込んだ運気も淀んでしまうと却ってよくないとされています。

さて、財運を運んできてくれるのは「水の運気」だそうです。中国のお金持ちが庭に池を作ることが多いのも、この財運効果を狙ってのこと。もちろん、放置して濁った池では逆効果で、いつも水を新しくして澄んだ水であることが大切になります。

家の中では、水まわりが財運アップのカギになります。キッチンや浴室、トイレ、洗面などはしっかり換気をして、できれば風通しよく。また汚れを残さないようていねいに掃除をして、美しく清浄に整えておくことが、財運を呼び込むには欠かせないこととなります。

そこで気になるのが、キッチンには“運気を淀ませてしまう物を見掛けることが多い”ということです。

 

吊戸棚の「黄ばんだ」「古い」保存容器が財運を逃す?

cap

築16年のマンションの、キッチンの吊戸棚を開けてみた様子。風水でいうところの「淀み」の原因になる物がいっぱいありました。特に目立つのが劣化した保存容器です


こちらは築16年のマンションのキッチンの吊戸棚の中の様子です。入っている物は、左上から、病気で寝込んだ時に使う吸い飲み、お正月のお重がたくさん、大きな鍋、ガーゼ、フキンのあまり、ザルやボウル、そして右側はタッパーや空き瓶でいっぱいです。

これらを全部テーブルの上に出してみると、ほとんど使ってない物ばかり。頂き物も多く、いつか使うかもと思いつつ、数年使っていない、中には一度も使わないまま忘れ去られていた物もありました。

特に目立つのが保存容器です。手ごろなのでつい買ってしまったり、粗品で貰ったりと、いつの間にか増えている人も多いのではないでしょうか。こちらのお住まいでも使っていない保存容器がたくさんあり、取り出してみると、黄ばみなどの変色、臭い、歪みや変形などが見られました。

樹脂製の保存容器は柔らかいため、傷がつくと汚れや臭いの原因になります。そうなってしまえば、食品に使うには抵抗がありますし、フタがちゃんと閉まらなければ意味がありません。

風水ではこうした変色や臭い、歪みなどの変形はよくないこととされ、何より使わない、もしくは使えないタッパーを放置しておくのは、ゴミを溜め込んでおくのと同じこと。まさに家の中に淀みを作り出している状態なのです。

そんな物が水まわりに放置されていたら、せっかくの財運を逃してしまうかも。 2021年に財運を呼ぶために、まずはこれらのキッチンにある淀みを解消しましょう。

 

タッパーの再利用、吊戸棚の再活用で財運アップを狙おう

家の中の淀みを解消するために、吊戸棚や床下収納庫など、普段あまり開け閉めしない水まわりの収納スペースをチェックしてみましょう。

まずは中に入っている物をいったん出し、これからも使う物は拭いてキレイにしてからしまい直しをしましょう。

劣化したタッパーは、これまでに感謝して思い切って処分を。使える物は子どもの細かいおもちゃや切手入れなどに再利用をするのもよいですね。古くても手入れをして使うのなら問題なく、不要品を放置しないことが大事なのだそうです。

次に吊戸棚の中をていねいに拭き掃除をして清浄にした後、空いた吊戸棚の使い道を考えてみましょう。最近のキッチンプランでは吊戸棚を付けないレイアウトが人気ですが、そうは言っても吊戸棚も大事な収納スペース。使いこなせば食器棚1本分ほどの収納力があります。

吊戸棚の問題点は、出し入れがしにくい、何が入っているか分かりにくいところにありますので、取って付きのボックスやケースに入れて、ラベリングをしておくだけでも、使い勝手が向上します。

また災害時の備蓄品の保管場所としても役立ちます。備蓄品なら使用頻度が低いので出し入れしにくくても大丈夫。また、しまいっ放しでも死蔵品ではないので、風水的にも運気を下げる心配がないそうです。

リフォームが可能であれば、昇降式の吊戸棚に交換すると、目の前まで収納ボックスが下りてくるので、普段使いの収納として使えるようになります。ちなみに吊戸棚は使わないなら取り外すという選択肢もあり。キッチンが明るく広々として、エアコンが効きやすくなる間取りの家もあることでしょう。

水まわりの不要品をチェックして、2021年は財運を呼び込み、更に幸せにお過ごしくださいね。


風水監修:村上瑞祥(一級建築士事務所 OfficeYuu

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。