どんな間取り?

近代日本を代表するこの小説の間取りをのぞいてみると、南側に縁側、そして和室が南側、北側と並び、まるで原稿用紙のます目のようです。そして襖を取れば大広間になる純和風住宅です。

【珍野苦沙弥邸】
この家の住人:珍野苦沙弥夫婦/吾輩(猫)/下女
とん子(長女)/すん子(次女)/めん子(三女)

言葉と住まい

欧米の言葉は、言葉と言葉を前置詞・関係代名詞・接続詞で固め、さらに記号を使って句読法をきっちりさせて表現します。これを住まいに置き換えると、部屋の用途1つ1つが決まり、大きな箱になり、一軒の家になるということだと思います。

一方、日本語は句読点を必要としません。建築でいえば、縁側、板の間といった直接居住空間ではない空間です。つまり日本語も日本建築も「間」を置くことで相手に伝えていく考え方です。

【関連記事】
住まいづくりは階段づくり
自然と会話が出てくる家づくり必勝法

さまざまな「間」を学ぶ→次のページへ