会社・個人宛住所の基本の書き方

アメリカを宛先とする場合、住所の州名は、略語を用いるのが普通です
個人宛のレターを会社に出す場合には、個人名、会社名の順に記載します。英国式の場合には、個人の敬称(Mr/Ms)には、ピリオド( .)を打たないのが通例なので注意しましょう。今回は米国式の記載例です。



役職名を入れる場合は、個人名と会社名の間に一行入れる場合と、行数を整えるために、個人名と同じ行に併記する場合とがあります。会社宛同様、すべて左寄せで頭を揃え、シングルスペースで書きます。

【日本語表記】
1)個人名(役職名)
2)会社名
3)番地・町名
4)区(または市)名・都道府県(州)名・郵便番号
5)国名

【英語表記】
Ms. Clara M. Bell,President---(個人名)改行↓
International IT Network System,Inc. ---(社名)改行↓
15** FIRST AVENUE---(番地・町名)改行↓
NEW YORK, NY 1*02*---(区・市名・州名・郵便番号)改行↓
U.S.A.---(国名)改行↓

部署名の記載(Attention Line)

部署名などを明記したい場合には、2種類の記載の仕方があります。一つは、社名と住所の間にAttention:を付けて規制する方法と、一つは、宛先ブロックから一行下げて、記載する方法です。

■社名と住所の間に挿入する場合
【日本語表記】
1)社名
2)部署名
3)番地・町名
4)区(または市)名・都道府県(州)名・郵便番号
5)国名

【英語表記】
International IT Network System,Inc. ---(社名)改行↓
Attention:Personnel Department---(部署名)改行↓
15** FIRST AVENUE ---(番地・町名)改行↓
NEW YORK, NY 1*02* ---(区・市名・州名・郵便番号)改行↓
U.S.A. ---(国名)改行↓

■社名と住所の間に挿入する場合
【日本語表記】
1)社名
2)番地・町名
3)区(または市)名・都道府県(州)名・郵便番号
4)国名

5)部署名

【英語表記】
International IT Network System,Inc.---(社名)改行↓
15** FIRST AVENUE ---(番地・町名)改行↓
NEW YORK, NY 1*02* ---(区・市名・州名・郵便番号)改行↓
U.S.A. ---(国名)改行↓

Attention:Personnel Department ---(部署名)

日本の住所を英語で書く場合

【日本語表記】
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-18
東急不動産恵比寿ビル5F
株式会社*****
代表取締役 ○○○○

【英語表記】
Mr. ○○○○, President---(個人名)改行↓
*****, Inc. ---(社名)改行↓
Tokyu Fudosan Ebisu Bldg. F5---(建物名・階・部屋番号)改行↓
1-18-18, Ebisu---(番地・町名)改行↓
Shibuya-ku, Tokyo 150-0013---(区・市名・郵便番号)改行↓
Japan---(国名)改行↓


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。