幼稚園から高校までにかかる「補助学習費」はいくら?

 
教育費がかさむ原因の1つになっているのが、塾や通信教育、家庭教師代などの「補助学習費」です。いったいどれくらいかかるのか、見てみましょう。

以下のデータは、文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)の中の、幼稚園から高校までにかかる補助学習費の内容を抜粋したものです。
 

子供の学習費調査で見る塾・通信教育費等

まずは、幼稚園、小学校、中学、高校別に、補助学習費の内訳を見てみましょう。

金額は平均年額です。小学校なら6年、中学・高校なら3年と、学年が上がるにつれて金額もアップしますが、ここでは平均額で見ていきます。

<幼稚園>
■公立 
通信教育 12,536円
家庭教師 2,514円
学習塾費 7,216円

■私立 
通信教育 12,966円
家庭教師 3,656円
学習塾費 9,103円

<小学校>
■公立 
通信教育 14,831円
家庭教師 9,383円
学習塾費 56,864円

■ 私立 
通信教育 45,336円
家庭教師 30,958円
学習塾費 221,534円

<中学校>
■公立 
通信教育 14,347円
家庭教師 17,868円
学習塾費 202,498円

■ 私立 
通信教育 29,804円
家庭教師 23,592円
学習塾費 143,694円

<高等学校(全日制)>
■公立 
通信教育 14,669円
家庭教師 10,513円
学習塾費 106,767円

■ 私立 
通信教育 23,019円
家庭教師 19,232円
学習塾費 171,462円

 

実はもっとかかる?塾・通信教育費等

上記のデータを見て、たとえば、
「公立中学校の学習塾費は年平均20.2万円かかる」
「私立高校の学習塾費は年平均17.1万円かかる」
などと考えるのは大きな間違いです。

データはあくまでも「平均」です。塾に行っていない人も含めた人数割のデータであり、塾に行っている人だけの平均ではないということに気をつける必要があります。

実際に塾に通う場合、塾や学年、科目数、受験対策か補講かなどによっても異なりますが、入会金、月謝、模試、夏・冬講習などで、年間30万~100万円、あるいはそれ以上かかるケースもあるでしょう。年間15万円で済むような塾はかなり限られますので、統計データに騙されないことも大事です。

さらには、塾+家庭教師、通信教育+塾、通信教育+家庭教師などと、複合的に利用する人もいて、その場合にはさらに費用がかかります。塾には通っていないけれども、家庭教師に月10万円かかっている、というご家庭の相談を受けたこともあります。
 

ガイド豊田のつぶやき

学費がかさむ大きな要因が塾代ともいえます。なかなか節約しにくい費用ですが、中には通信講座だけで大学受験期を乗り切ったというお子さんもいます。
親としてはできるだけのことをしてあげたいと思う気持ちもあって答えの出しにくい、悩ましい部分ですね。

【参考コラム】
子供の習い事にいくらかかる?その目安

公立中学7割強、私立でも5割超が塾に通っている!
留学費用は給付型奨学金を活用しよう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。