パーティーや結婚式に「平服で」と言われたら

平服と普段着の違いって? 男性女性の招待客の服装は?

カジュアルな結婚式の招待状には、「平服でお越しください」と書かれていることも多くなっています。

最近は、形式張らないパーティスタイルのウエディングが人気です。ですから、招待状に「平服でお越しください」と書かれていることも。「平服でお越しください」という招待状をもらったら、あなたはどんな服装で結婚式に行きますか?「平服」という言葉の奥に潜むものを考えてみました。
   

平服とは? 普段着とは違うの?

平服とは普段着のことです。普段着で来てくれと言われても、本当にそんな格好で行っていいものか、迷ってしまいますよね。

もし額面通りに受け取るとすれば、TシャツとGパンが普段着の人が、そのままの格好で結婚式に出席してもいいことになります。これは果たして正しい選択でしょうか。

答えは否! です。「いくら普段着で」と言われたからといって、結婚式にTシャツとGパンではやはりまずいですし、着ていった本人も居心地が悪いのでは? と思います。
 

招待客の世代感や結婚式場の雰囲気でカジュアル度を推測

では、どんな服装がいいのか? それは、招待された結婚式がどんな雰囲気なのかによると思います。でも、そんなのわかりませんよね。まあ、手っ取り早いのは招待状をくれた本人に直接聞いてしまうことです。

といっても、「平服でって書かれてたけれど、どんな服装がいいの?」と聞くと、「いや~、本当に普段着でいいのよ~」なんてあいまいな答えしか返ってこないこともありますので要注意。

そんなときは、「どんな方を招待されているの?」「会場はどんな雰囲気?」など、聞くと良いでしよう。聞きにくいというのであれば、友人や知り合いなど一緒に出席する人と相談するのもひとつのテですね。
 

男性はスーツにネクタイ、女性はワンピースやジャケットが基本

親戚や年配の人が多いパーティなら、いくら平服でとはいっても、みんなそれなりの格好をしてくるでしようから、あんまり砕けすぎた服装は禁物。しかも、会場がマキシム・ド・パリなど格式あるレストランならなおのこと。

男性ならスーツにネクタイ、女性もワンピースやジャケットスタイルなどが望ましいと思います。

反対に、友人はじめ若い世代が多いパーティであれば、少しカジュアルダウンしても大丈夫。男性ならノーネクタイでもよいのでは? 女性もパンツスタイルや素足にミュールを合わせたりといった格好でも大丈夫だと思います。
 

「堅苦しい礼服」は避けて

ただ、「考えるのが面倒だから」「これなら失礼にならないだろう」という理由で、平服でと書かれているのに堅苦しい礼服で出席するのもどうかな?と私は思います。

「平服で」とわざわざ記してあるのは、「堅苦しい雰囲気は避けたい」という新郎新婦の気持ちの表れなのですから、それはぜひ汲んであげたいもの。
 

女性の平服として「真っ黒のドレス」はあり?

また、ちょっと話はずれますが、若い女性は黒を好んで着るようですし、ファッション雑誌などで結婚式に出席するときのスタイルとしても黒を紹介することが多いようですが、私はちょっと「???」なんですよね。黒は気品もあるし、女ぶりも上がるから、着たい気持ちはすご~くよくわかる!

でも、男性の礼服は基本的に黒ですし、留袖も黒ですから、これで若い女性たちまで黒を着たら、パーティ会場が「黒・黒・黒!」となってしまい、なんだかちょっと寂しい感じ。ここはぐっとこえらて、ほかの色でおしゃれをしてみてはいかがでしようか。

【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。