結婚が決まったら、気になるのがお金の話。中でも、結婚式や披露宴をどうするかというのが一番の考えどころかもしれません。全く何もしなくても結婚はできますし、するとなったら大きなお金が動きます。
結婚式で気になるのがお金のこと。披露宴でお金がかかるけどお祝いも入ってくるはず。一体どれくらい期待できる?

結婚式で気になるのがお金のこと。披露宴でお金がかかるけどお祝いも入ってくるはず。一体どれくらい期待できる?


この結婚式のお金、もらうお祝いやご祝儀でまかなえるのでは? という意見もちらほら。さて、一体どうなのでしょうか? 結婚式にかかるお金、もらえるお金を考えてみましょう。

 

結婚式にかかるお金の平均は354万8000円

<結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用(万円)> 結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の全国平均をまとめたデータ(出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2017undefined結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート社発行))  *1:結納式および両家の顔合わせの費用については実施した人の、その他の項目については費用の発生した人の平均金額であり、各項目の平均金額の合計は、「費用総額」とは一致しません

<結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用(万円)> 結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の全国平均をまとめたデータ(出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2017 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート社発行)) *1:結納式および両家の顔合わせの費用については実施した人の、その他の項目については費用の発生した人の平均金額であり、各項目の平均金額の合計は、「費用総額」とは一致しません

結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート社発行)によると、結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の総額の平均は463万円だとか。かなりの金額になりますね。 そのうち、挙式、披露宴・披露パーティにかかった費用は354万8000円。結婚にかかるお金の4分の3以上が結婚式や披露宴にかかるお金ということ。

結婚にかかるお金は、この挙式と披露宴にいくらかかるかでかなり左右されそうです。ただ、挙式や披露宴ではお祝いやご祝儀も見込めます。なので、お金に関してはあまり心配していないという人も多いのですが、果たしてどうなのでしょうか?
 

ご祝儀の平均230万7000円 差額は124万1000円

同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、ご祝儀の総額は平均で230万7000円。分布で一番多いのが200~250万円未満で21.6%、続いて300~350万円未満15.3%、250~300万円未満14.5%となっており、200万円以上の割合が高くなっています。平均的な式をすると、200万円強はご祝儀が見込めそうですね。

結婚式、披露宴にかかったお金が354万8000円で、入ったお金(ご祝儀)が230万7000円ですから、その差は124万1000円。持ち出しは125万円程度ということになります。ご祝儀だけで式をするには少し足りないようですね。
 

7割が親からの援助も

ご祝儀の他にも親から援助をしてもらうカップルもいるようです。76.1%の人が親や親族から援助があり、その平均額は182万円となっています。披露宴は「家」としてのセレモニーという考えもあります。ある程度、親からの援助を見込める人であれば、結婚式や披露宴の費用負担は軽くなりそうですね。

また、地方によっても事情は変わってきます。北海道では披露宴というより会費制のパーティを行います。北海道での挙式であれば、挙式や披露パーティでのお金の心配はあまり必要がないかも。地方によって差がでますね。

全国的では、結婚式の費用はご祝儀を考えても100万円を超える赤字となるようです。 ただ、招待客の人数や種類によってはその状況も変わってきますよ。

次のページで、これらの実態を詳しくご紹介します。