子どもを育てるのにいったいいくらかかるの?

子ども1人を育てるのにいくらかかる? 結婚や出産を控えたら、まずは概算の金額を知っておきたい

子ども1人を育てるのにいくらかかる? 結婚や出産を控えたら、まずは概算の金額を知っておきたい

「子ども1人を育てるのにウン百万円、ウン千万円……」といったデータを見ることがあります。このような金額を見ると、子どもが育てられない、1人はなんとかなっても2人は無理……といった話になってしまいます。

確かに、子どもを育てるのにはお金は必要。でも、そんなに大変なものなのでしょうか? 全くお金がない状態で子育てをするのは無理ですが、必要なお金をしっかりと確認しておけば大丈夫。 結婚や出産を考える時に、ぜひとも確認しておきたい「子ども1人にかかるお金」をご紹介しましょう。

子育て費用:中学生で月額13万円

第1子・1人当たりの中学までの年間子育て費用平均額(単位:円) 小学校、中学校と子育てに係る費用は上昇している(出典:平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 内閣府)

【表1】第1子・1人当たりの中学までの年間子育て費用平均額(単位:円) 小学校、中学校と子育てに係る費用は上昇している(出典:平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 内閣府)

表1は、中学生までの第1子の年間子育て費用の平均額です。未就園児は年間84万円ですが、中学生にもなると年間155万円に増加しており、倍近くの金額になっています。

月額換算すると未就園児では7万円であったのが、中学になると約13万円となっており、負担が増加しています。中でも食費は年齢が上がるごとに増加しており、未就園児では年間16万円程度だったのが中学生では35万円にもなっています。

また、学校教育費(学校に納付するもの)、学校外学習費(塾など)は中学校がピークとなっており、あわせて年間52万円ほどかかっています。これは月額4万3000円程度。かなりの高負担ですね。

学校外活動費(習い事など)のピークは小学校で年9万5000円ほど。月額にすると7900円程度です。小学生の習い事と中学生の塾関連の費用には注意が必要ですね。

中学までの子育て費用:計1740万円

中学までの子育て費用の総額を計算してみましょう。概算で、未就園児4年間で337万円、保育所・幼稚園児2年間で243万円、小学生6年間で692万円、中学生3年間466万円となり、これらの合計は約1740万円となります。

これらの費用は、子どものための貯金も含まれています。また、第1子の平均ですので高額な傾向にあることも予想されます。また、中学卒業までの15年間でかかる費用で一度に必要になるお金ではありません。しかし、子育てにはそれなりのお金が必要になることは心しておきたいですね。

その他、高校や大学の教育費なども必要になりますが、進学する学校によって費用はかなり変わってきます。

高校の学費:年間で公立41万円、私立100万円

【表2】高校の学習費(単位:円)。公立と私立で学習費に約245倍の差がでている(出典:平成26年度子どもの学習費調査undefined文部科学省)

【表2】高校の学習費(単位:円)。公立と私立で学習費に約2.4倍の差がでている(出典:平成26年度子どもの学習費調査 文部科学省)


表2は、全日制の高校にかかる学習費です。学校に納付するお金は公立が年間24万円程度ですが、これは公立高校の授業料無償化により安くなっている金額です。

この高校就学支援金制度ですが、平成26年4月以降の高校入学者からは新制度になっています。旧制度では保護者の所得に関わらず受給できていましたが、新制度では所得要件(保護者の市町村民税所得割額が30万4200円未満)が加わりましたので、注意が必要です。

私立学校の学習費は年間100万円近くで、公立の約2.4倍ですね。3年間にかかる学習費をみてみると、公立高校では123万円、私立高校では299万円程度です。進学先によってかなりの差があることがわかります。

大学4年間の学費:国立242万円、私立文系386万円、私立理系521万円

【表3】大学に納付する授業料やその他費用の平均(単位:円)。国立大学、私立大学、学部によってかなりの差がでてくる(出典:平成26年度undefined私立大学入学者に係る初年度学生納付金、国立大学等の授業料その他の費用に関する省令undefined文部科学省)

【表3】大学に納付する授業料やその他費用の平均(単位:円)。国立大学、私立大学、学部によってかなりの差がでてくる(出典:平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金、国立大学等の授業料その他の費用に関する省令 文部科学省)


表3は、私立大学、国公立大学別に入学初年度にかかるお金の平均です。2年目以降もこの授業料と施設維持費を支払うとすると、4年間で納付する金額は国公立大学で242万5000円程度なのに対して、私立文系で386万円、私立理系で521万8000円程度。進学する大学によって大きな差がでてきますね。

また、自宅通学や下宿かによっても変わってきます。学生生活実態調査(全国大学生活協同組合連合会 2016年2月)によると、下宿生への仕送りの平均は月額7万1440円。下宿生となると、更に負担が増えそうです。

子どもにかかるお金は合計2400万~3000万円

中学までの子育て費用(教育費含む)は1740万円でした。

ここに高校・大学の費用を加えてみましょう。高校と大学の生活費を、中学と同等の食費と生活用品費として年間45万円とすると、7年間で315万円です。中学までの子育て費用1740万円と合わせると、高校・大学の学費以外の子育て費用は、合計2055万円となりました。

これに高校・大学の学費を合算します。高校と大学の学習費は、公立高校・国立大学と進むと約365万円となります。私立高校、私立理系大学となると合計 820万円。公立高校・国立大学パターンであれば子育て費用合計は2420万円程度、私立高校・私立理系大学パターンであれば合計2875万円です。

下宿生となると更に費用がかかるでしょう。進学パターンによっては3000万円程度かかることもありそうです。

特別に必要な教育費だけを準備しよう

ただし、子どもにかかるお金は長期間に渡って必要なものです。一時にキャッシュ(現金)で何千万円が必要になるというものでもありません。子育て費用は普段の家計の範囲内で考えればOKです。

お稽古事や塾の費用などは、普段の家計のやりくりの範囲ですませる努力でやっていきましょう。中学あたりから教育費も増え始め、大学になると教育費も最高額になってきます。大学の学費を別に準備しておくことが大切です。また、家計の状況にあわせて公立や私立の学校を選ぶというのも重要でしょう。

子どもにかかるお金は長期間に渡って少しずつ負担するお金。計画的に備えて、子どもの成長を楽しみたいですね。

【関連記事】
ジュニアNISAで教育資金を確実につくる方法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。