結婚にはお金がかかる!

結婚までにいくら貯めればいいの? というのはシングル世代共通の悩み。まずは、標準的なパターンでいくら貯めないといけないかを考えてみたい

結婚までにいくら貯めればいいの? というのはシングル世代共通の悩み。まずは、標準的なパターンでいくら貯めないといけないかを考えてみたい

シングル世代にとって「結婚までにお金をどれだけ貯めるべきか?」は共通のお悩みのよう。中には、お金が貯まるまでプロポーズができないと焦っている人もいるとか。

結婚までの貯金といっても、結婚式や披露宴をどうするか? どこに住むか? 親からの援助があるか? などで条件が変わってくるものです。

また、結婚にかかるお金は、地方や両家の考え方などでも千差万別です。新居にかかる費用は新郎側が全て用意するところもあれば、生活インフラは全て嫁入り道具でまかなうといったところまで。まずは、両家で話し合いをして、共通認識をもつことが必要です。

今回は、標準的なパターンで、これだけあれば安心という貯蓄ラインを考えていきたいと思います。結婚式の費用負担も男女半々を想定して考えます。さて、あなたの貯金は結婚までどれくらい近づいていますか?

結婚式・披露宴・新婚旅行のために150万円

結婚といえば、結婚式や披露宴新婚旅行などのイベントが目白押し。まず、これらのお金を準備したいですね。

リクルート ブライダル総研「ゼクシィ結婚トレント調査2016」によると、結婚イベントにかかる費用は次のとおりです。
  • 結納、指輪、挙式、披露宴、新婚旅行にかかったお金:平均469万7000円
  • 披露宴・披露パーティ招待客のご祝儀総額:平均232万3000円
つまり、差し引き240万円程度は自分たちで用意をしなくてはいけないということです。

このデータでは、親・親族からの援助があった人の割合は72.6%、援助があった人の援助額平均が166万9000円となっていますが、最初から親のお金をあてにするわけにもいきません。

まずは、2人で結婚のイベント費用として300万円程度は貯めたいところです。ちなみに、2人で結婚費用として貯金をしていた人の貯金額平均は309万2000円。このあたりを指標にしておけば問題なさそうです。1人あたり150万円を目指しましょう。

新生活準備のために50万円

新婚生活を始めるにあたってはさまざまなコストがかかる

新婚生活を始めるにあたってはさまざまなコストがかかる

次に新生活に準備したいお金を考えましょう。同じく「ゼクシィ新生活準備調査 2016」によると、新生活準備のためにかかった費用の平均は 72万3000円とのこと。インテリア・家具の購入(40万円)、家電製品の購入(37万4000円)など、新生活にもお金がかかることがわかります。

1人暮らしを既にしていたり、親と同居するなどでかかるお金は変動しますが、まずは新生活の準備として100万円ほどあると安心ですね。1人当たり50万円を目標としましょう。

新生活の予備費として50万円

他にも、生活予備費としていくらかは手元に貯金がないと困ります。最低でも3か月は生活していけるだけのお金はもっておきたいですね。

ということで、100万円程度は手元に残すようにしたいものです。1人あたり50万円ですね。

結婚に向けてとりあえず計250万円

このように見ると、結婚イベントに150万円、新生活の準備に50万円、生活予備費に50万円と合計250万円となりました。まずは結婚までに250万円はクリアしたいところです。

でも、誰でもが250万円を貯めなくてはいけないというものでもないし、これだけあれば絶対安心というものでもありません。もう少し、個別に考えていきましょう。

マイホームを買うなら貯金はいくら必要?>>